- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

穂積/二宮「興奮冷めない」

二宮真琴
(左から)二宮真琴と穂積絵莉
画像提供: tennis365.net
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は6日、女子ダブルス準々決勝が行われ、穂積絵莉/ 二宮真琴組が第1シードのT・バボス(ハンガリー)/ K・ムラデノヴィック(フランス)組を7-6 (7-4), 6-3のストレートで破る金星をあげ、日本人ペアで2002年に4強入りした杉山愛/ 藤原里華組以来16年ぶりのベスト4進出を果たした。

>>全仏OP対戦表<<

この日、穂積/ 二宮組は第1セットをゲームカウント3−5からタイブレークの末に先取。第2セットも流れは穂積/ 二宮組に傾き、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で優勝したバボス/ ムラデノヴィック組を1時間44分で振り切った。

試合後の会見で、穂積は「うれしすぎて興奮が冷めない。ここまで来たら、準決勝の壁を突破して決勝の舞台に立ちたいです。ストレートのラリーの方が自分たちの展開にもっていきやすいと思っていました」とコメント。

ペアの二宮は「ダブルスとしては自分たちの方が色々考えて、色んなパターンがありました」と手応えを得ていた。

準決勝では、第8シードのチャン・ハオチン(台湾)/ ヤン・シン(中国)組と対戦する。

杉山愛を上回る日本人ペアによる全仏オープン女子ダブルス決勝進出へ向けて、穂積は「(杉山の記録を)抜きたい。次もスタートからトップスピードで最初から最後までできるようにしっかり準備したい」と意気込んだ。

二宮は「ベスト4の壁も(ウィンブルドンで対戦した)ハオチンの壁も破りたいです。準決勝だと思うと緊張してしまう。ロブをたくさん使って相手を崩し、自分たちのペースへもっていけるようなイメージを持ちたい」と抱負を語った。

2017年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で穂積は加藤未唯、同年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で二宮はR・ボラチョーバ(チェコ共和国)とのペアでベスト4へ進出している。

全仏オープンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【放送予定】
2018年5月27日(日)〜6月10日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・涙 ジョコ撃破で初4強「夢」
・女王、大坂なおみに太鼓判
・錦織 心配「耐えられるか」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年6月7日7時25分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!