- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

落胆ジョコ「リズム失った」

ノヴァーク・ジョコビッチ
(左から)ジョコビッチとダニエル太郎
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)は11日、シングルス2回戦が行われ、元世界ランク1位で第10シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は世界ランク106位のダニエル太郎に6-7 (3-7), 6-4, 1-6のフルセットで敗れ、初戦で姿を消した。

>>BNPパリバ対戦表<<

>>ダニエル太郎3回戦 1ポイント速報<<

四大大会通算12勝、BNPパリバ・オープンでは過去5度優勝している元王者のジョコビッチは、今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)4回戦敗退後に休養へ入り、今大会で復帰。

この日は第1セットの第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットを迎えるも、ダニエル太郎にパッシングショットを決められるなどでブレークバックされ、タイブレークの末にこのセットを落とす。

第2セットを取りセットカウント1−1に追いついたジョコビッチだったが、ファイナルセットではミスを重ねてブレークチャンスを逃すと大声を出して怒りをあらわにした。その後は失速し、第3ゲームから5ゲーム連取を許して2時間30分で力尽きた。

BNPパリバ・オープンのツイッターには「ツアーに出て、初めての試合のようだった。本当に不思議な気持ちだった。と言うか、リズムを失ってしまった。不可解な、自分らしからぬミスをいくつかしてしまった」とジョコビッチの試合後のコメントが掲載されている。

一方、四大大会に次ぐグレードの「ATPマスターズ1000」で初の3回戦進出を果たした25歳のダニエル太郎は、世界ランク47位のL・メイヤー(アルゼンチン)とラッキールーザーのR・ベーメルマンス(ベルギー)の勝者とベスト16進出をかけて対戦する。






■関連ニュース

・ジョコ脱帽「信じられない」
・錦織らバルセロナ出場予定一覧
・錦織敗退 ラケット投げる場面も

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年3月12日18時02分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!