- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日比野菜緒 元4位下し2回戦へ

女子テニスの台湾オープン(台湾/台北、ハード、WTAインターナショナル)は30日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク93位の日比野菜緒が元世界ランク4位で第3シードのS・ストーサー(オーストラリア)を7-6 (8-6), 6-2のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

>>錦織2回戦 1ポイント速報<<

>>錦織らダラスCH対戦表<<

この試合、日比野はタイブレークの末に第1セットを先取。第2セットでは4度のブレークポイントを全てしのぎ、1時間31分で勝利を手にした。

2回戦では、世界ランク249位のS・リシキ(ドイツ)と対戦する。リシキは1回戦で、同360位のチャン・ユアン(中国)をフルセットで下しての勝ち上がり。

23歳の日比野は2017年、ALYA マレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、ハード、インターナショナル)と江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)で準優勝を飾り、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初勝利。

前週まで行われていた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では、1回戦で世界ランク50位のD・ヴェキッチ(クロアチア)にストレートで敗れ、初の初戦突破を逃していた。

その他の日本勢では、世界ランク132位の尾崎里紗が同152位のワン・ヤファン(中国)に2-6, 4-6、同101位の奈良くるみは第8シードのP・パルメンティエ(フランス)に6-1, 4-6, 1-6の逆転で敗れた。






■関連ニュース

・フェデラー 涙の理由明かす
・日比野菜緒 雄叫びあげ決勝へ
・日比野菜緒 四大大会初勝利

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月31日7時11分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!