- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日比野菜緒 四大大会初勝利

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク80位の日比野菜緒が同36位のC・ベリス(アメリカ)を6-3, 4-6, 7-5のフルセットで下し、四大大会初勝利をあげた。試合後の会見では笑顔で「目標達成できた」とコメントした。

>>杉田vsメイヤー1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎vsナダル1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

「ファーストセットは彼女(ベリス)が緊張していて簡単に取れたのですが、セカンドセットから立て直してきた。ここ(ファイナルセット)からが勝負だと思って、ポジティブに1試合を戦えた」

この日の第1セット、得意のストロークでベリスからミスを誘った日比野は、第3ゲームでブレークに成功。その後もベリスの強打をかわしてリードを守り、このセットを先取する。

続く第2セット、第1ゲームでいきなりブレークを許した日比野だったが、第2ゲームですぐにブレークバックに成功。しかし、地元の声援を受けるベリスにポイントを先行されてしまい、セットカウント1−1に追いつかれた。

ファイナルセットは第10ゲームでベリスのサービング・フォー・ザ・マッチを迎え崖っぷちに立たされたが、土壇場でブレークバックに成功。さらに第11・第12ゲームを連取し、1時間56分で勝利を手にした。

「もうダメだと思う瞬間もあまりなくて、彼女のいいプレーについていこうとずっと思っていた。今年は相手に関係なく、自分のプレーに集中できるかを(コーチの竹内)映二さんと取り組んできた」

2回戦では、第26シードのA・コンタベイト(エストニア)と世界ランク37位のL・サファロバ(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

今シーズン、日比野は3月のALYA マレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、ハード、インターナショナル)と7月の江西オープン(中国/南昌、ハード、WTAインターナショナル)で準優勝。

四大大会では、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の本戦に出場するも、いずれも1回戦で敗れていた。

また、9月11日開幕のジャパンウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)を最後に2度目の現役を引退すると発表した46歳の伊達公子については「あれだけの情熱を持ってテニスに取り組んでいる方は身近では伊達さんしか思い浮かばない。一番尊敬している人であって、目指すべき人だった。伊達さんが引退しても目指すべき選手は変わらずですが、プレーを見れなくなるのは寂しいです」とリスペクトしていた。

その他の日本勢では、尾崎里紗は予選勝者のD・ラオ(アメリカ)、奈良くるみS・ソリベス=トルモ(スペイン)との1回戦に臨む。大坂なおみは昨年優勝を飾ったA・ケルバー(ドイツ)を破る金星をあげて2回戦進出を果たしたが、土居美咲江口実沙は初戦で敗れた。

19歳の大坂とケルバーの1回戦については「完璧な試合運びで、ちょっと嫉妬してしまうくらいの内容でした。センターコートでケルバー選手との対戦は緊張してしまう状況。彼女(大坂)はそれを外に出さずにプレーしているところは、すごいと思いました」と話した。






■関連ニュース■ 

・日比野菜緒 複でツアー初優勝
・日比野 準Vも復活印象付ける
・日比野菜緒 雄叫びあげ決勝へ
(2017年8月31日6時36分)

その他のニュース

7月20日

ガスケ 激闘の末に4強ならず (10時48分)

イズナー 逆転で5度目の4強 (10時08分)

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!