- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 21歳チョンに太鼓判

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は12日目の26日、男子シングルス準決勝が行われ、決勝進出を果たした第2シードのR・フェデラー(スイス)は試合後の会見で、途中棄権した世界ランク58位のチョン・ヒョン(韓国)へ太鼓判を押した。

>>フェデラーvsチリッチ 1ポイント速報<<

>>全豪OP 対戦表<<

今大会台風の目となった21歳のチョンについて、フェデラーは「これから多くの成功をおさめるだろう。どの段階でどれくらいかは、これから分かる。彼がこの大会でそうそうたる顔ぶれの選手たちを倒してきたのは、今日理解できた。彼は精神的に、とても安定している」とコメントした。

「(チョンは)足にかなりの痛みがあったのだろう。そうでなければ、こんな大舞台で途中棄権などしないはず」とチョンを気遣ったフェデラーは「彼がノヴァーク(ジョコビッチ)との対戦で見せた守備力から、能力の高さも分かる。今日はそれが見られなかったけど、本当に素晴らしい」と続けた。

「今後どんどん前へ進むための多くの可能性を彼に与えたはず。問題は、そのようなプレースタイルでは体のケアが必要だし、同時にスケジューリングも。幸運を祈るし、本当に彼のテニスには感銘した」

また、自身の若いころと重ね合わせたフェデラーは「どんな大会でも優勝するなどと言ってプレッシャーをかけたくはない。フェアではないから。多くの専門家が、僕が世界1位になると言っていた。ある意味面白いし素晴らしいけど、あとになってみたらそうでもない。結局成し遂げたことは普通のことと思われてしまう。世界ランク1位になり、グランドスラムやマスターズで優勝する。それは普通のことではなく、すごいことなんだ」とコメントした。

決勝でフェデラーは、全豪オープン初優勝を狙う第6シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。

チリッチは、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)準決勝で初めてフェデラーを破り、決勝では錦織圭に勝利して四大大会初のタイトルを手にした。

「彼(チリッチ)が全米オープンで優勝したのは大きい。自分でもできるという自信につながっている。大きな舞台を経験すると、このレベルに到達できる。ラファ(ナダル)との試合では素晴らしいプレーをしていた」

全豪オープン2連覇と6度目の優勝を狙う28日の決勝戦に向けて「いい試合をしなければならないだけ。この段階へきたら、何かが特に改善されるものではない。ここまでも全てうまくやれている。いいスタートが切れるよう願っている」とフェデラーは意気込んだ。






■関連ニュース

・フェデラー 心配でナダルへ連絡
・「圭を追った」チョンが快挙
・快進撃喜ぶあまり母親が骨折

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月27日11時00分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!