- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー 背中「問題ない」

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は6日目の20日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのR・フェデラー(スイス)が第29シードのR・ガスケ(フランス)を6-2, 7-5, 6-4のストレートで下してベスト16進出を決めると同時に、同大会の勝利数が90となった。

>>錦織らニューポートビーチCH対戦表<<

>>大坂vsハレプ 1ポイント速報<<

>>錦織 復帰初戦1ポイント速報<<

>>全豪オープン対戦表<<

試合後の会見で5度の優勝を誇るフェデラーは、全豪オープンでの思い出を聞かれ「最初の試合は、2000年のM・チャン(アメリカ)との1回戦だった。あれは良かった。ここでの最初の勝利」と現在は錦織圭のコーチを務めるチャンとの試合を話した。

「(2004年の)J・C・フェレーロ(スペイン)との準決勝も、僕にとって大きかった。次の週で世界ランク1位を守り、決勝でM・サフィン(ロシア)に勝って初めてここで優勝した」

続けて「このコートでは多くのフルセットマッチも戦った。本当に悪かった年がない、正直にだ。A・セッピ(イタリア)に負けた2015年も、まぁまぁな戦いをしたと思ってた。2005年、サフィンに(フルセットの死闘の末に)負けた時は最高だった」と大会に対して好印象を持っていることを明かした。

「もちろん、全ての試合が思い出だ。R・ナダル(スペイン)との2度の決勝、2009年の決勝はこれまでで最高の対決だと思っている。2010年は、娘たちが生まれて初めての優勝だったかな。あれも良かった」と娘たちとの思い出も忘れなかった。

昨シーズン、フェデラーは背中の痛みが原因でW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)とロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)を欠場していた。

この日12本のサービスエースを決めたフェデラーは、どうやって背中の不調から抜け出したかとの質問に「今はもう問題がない」として、症状と向き合っていると話した。

「回復するのに時間がかかることもある。痛む時は痛むよ。また自由になった時、良くなってるゾーンがあったり、一貫性ができてたりする。一貫性はテニスでとても重要なことだ。5時間も同じようにサーブを打てるか?それがゴールだからね。けがをしてる時は間違いなく難しいよ」

「今は大丈夫だと思う。僕ら選手にとって、背中の不調は常に付きもの。うまく付き合わなければいけないだけだ。悪い時に症状が出ないことを祈って、症状が出た時には素早く回復する。時には休養も選択肢、落ち着かせるためにね」

36歳のフェデラーは4回戦で、ノーシードから勝ち上がってきたM・フチョビッチ(ハンガリー)と対戦する。






■関連ニュース

・ジョコ 韓国のチョンを警戒
・主審に怒り「仕事お粗末」
・ナダル 猛暑と平等性に見解

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年1月21日22時10分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!