- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

穂積絵莉 インタビュー第2弾

穂積絵莉
インタビューに応じた穂積絵莉
画像提供: tennis365.net
女子テニスで世界ランク172位の穂積絵莉は13日、tennis365.netのインタビューに応じ、オフシーズンやダブルスのパートナーである加藤未唯との関係について話した。

>>穂積絵莉インタビュー 第1弾<<


【オフシーズンの過ごし方】

オフシーズン、穂積は東京のナショナル・トレーニングセンターを拠点に練習を行っており、テニスから離れたのは約10日間と話した。

「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に奈良くるみ選手と尾崎里紗選手と3人で行ったり、地元の友達に会ったり。日本のプロ、女子はもちろん男子も、錦織圭選手とかみんなで一緒にちょっと早い忘年会のような感じで集まったりもしました」

「お酒とかもツアー中はあんまり飲まないようにしているんですけど、自分はどのくらい飲めるんだろうと思って飲んだりもしていました(笑)」

また、テニス選手にとってはオフだけでなく、シーズン中もオン・オフの切り替えが勝敗を分ける重要な要素となってくる。自身のリラックス法については「どこかに行ったり、観光とかはオフの日があったらちょっと行ってみたいというのはあります。それもすごくリフレッシュになるので」

「前は試合に負けたらすぐ帰りたいとか、すぐに移動したいというような感じでしたが、今は自分の気持ちを休めるためにも時間があったらどこかに行ったりしています」と明かした。


【パートナーの加藤未唯】

今季1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ダブルスで、穂積は加藤とのペアで日本人初、四大大会では2002年の杉山愛/ 藤原里華組以来15年ぶりのベスト4進出。

その他では、下部大会のカンガルーカップ国際女子オープンテニス2017(日本/岐阜、ハード)とトロフェオ・レアレ・ムチュア(イタリア/ローマ、レッドクレー)で優勝した。

2人がペアを組み始めたのは、穂積が高校1年、加藤が中学3年の約8年前。当時を振り返った穂積は「ジュニアの頃は(宿舎の)部屋まで一緒だったので、家族より一緒にいたかもしれないです。でも、ジュニアの頃は楽しいだけでやっていました」

結果が求められるプロ生活は「お互い勝負の世界なので、ピリピリすることもあります。けど、そういう時はだいたいうまくいかないです。結果が良くない(笑)」

全豪オープンの時は「空気感はすごく居心地が良くて、近すぎず遠すぎずの距離感。練習とかも一緒にやるので、それでもオンの時はしっかりやって、オフの時は楽しく話したりとか、ご飯に行ったり行かなかったり。そういう距離感が結果につながったという部分もあったかと思います」と秘訣を話した。


【HEADのラケットについて】

穂積は、来シーズンからハイビスカスのデザインがあしらわれたグラフィンタッチ・インスティンクトHAWAIIを使用する。

ハワイをイメージして作られた新しい武器については「今まで使っているインスティンクトは青で男性っぽいというイメージが強いけど、ちょっと白が入るだけで、子どもから女性の方も幅広い人に使ってもらえそうなイメージ」

「私自身が平塚という湘南の方出身で、海が身近にあったので(このデザインは)結構好きです。この色も白と青のマリンっていうイメージがあります。好きなデザインで、可愛いなと思いました」


【来季の目標】

「来シーズンは、全米オープンの時に本戦ストレートインできるようなランキングに持っていくこと。ダブルスは今年の全豪オープン(ベスト4)以上の結果を出せるようにしたいです」

「シングルスもダブルスも同じくらい好きなので、どっちかに絞るということは考えていないです」と単複ともに意欲を見せた穂積。

「少しずつ(単複の)ランキングの差も埋めていって、WTAツアーをメインで早く回れるようにしたいです」と意気込んだ。

>>穂積絵莉 ファンへのメッセージ<<






■関連ニュース■ 

・尾崎里紗 インタビュー第1弾
・穂積/加藤 課題は「個々の力」
・穂積/加藤「あと一歩だった」
(2017年12月22日7時18分)

その他のニュース

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!