- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリオス、ズベレフら参戦

ニック・キリオス
今年のファスト4時のキリオス
画像提供: ゲッティイメージズ
2018年1月8日、オーストラリアのシドニーで開催されるエキシビション・マッチ「ファスト4」にN・キリオス(オーストラリア)G・ディミトロフ(ブルガリア)A・ズベレフ(ドイツ)らが揃って出場する。

今回で4年連続開催の「ファスト4」は、ATPツアーのシドニー国際(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)の大会期間中に、初めてシドニー・オリンピック・パーク・テニス・センターのケン・ローズウォール・アリーナで行われる。

2017年の「ファスト4」でR・ナダル(スペイン)に勝利したキリオスは「ここシドニーでこのファスト4をプレーするのは大きな喜び。ケン・ローズウォール・アリーナでプレーできることを楽しみにしている」と語った。

また、世界ランク21位のキリオスは、同3位のディミトロフと同4位のズベレフとはツアーの中でも親しくしている選手だと話した。

「このエキシビションのレベルは高いけど、ディミトロフやズベレフの出場でそれがより高くなると思う。ズベレフとはもかなり前からの友人で、ジュニアの頃から戦っていた。今年彼(ズベレフ)は素晴らしいテニスをしていた」と述べた。

続けて「ディミトロフも再び万全の状態に戻り、シーズンを3位で終えた。数カ月前に彼(ディミトロフ)は自分の手助けをしてくれた。そんな彼が成功を収めるのを見ると、彼以上に相応しい選手はいないだろう」とディミトロフへの思いも加えた。

「ファスト4は通常のツアーとは少し違う。大切なポイントやプレッシャーがかかるポイントが早く訪れる。それは観客にとっても楽しめるもので、展開も早くエキサイティング。たくさんの観客に囲まれた雰囲気は本当に楽しくて、今年参加したファスト4も素晴らしい経験になった。このフォーマットを促進させることや、それに参加できることは最高のこと」

キリオスの2017年シーズンを振り返ると、8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)でツアー100勝目を飾り、N・ジョコビッチ(セルビア)を2度も倒す活躍を含めトップ5から4度の勝利をあげた。今季は2度のツアー準優勝、シーズンを通して31勝をあげた。

26歳のディミトロフは、シーズンを締めくくるツアー最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)で優勝を果たし、自己最高を更新する世界ランク3位でシーズンを終えるなどベストシーズンを送った。

今季はW&Sオープンのマスターズ初優勝を含む4度の優勝を飾り、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ではベスト4へ進出した。

ドイツ期待の若手である20歳のズベレフもシーズンを通して55勝をあげ、マスターズ大会で2度の優勝を含む5度のタイトルを獲得するキャリアベストのシーズンを送った。

今季はフェデラーをはじめ、ジョコビッチ、S・ワウリンカ(スイス)にも勝利し、すでにトップ10選手から11度の勝利をあげた。

「ファスト4」は、2015年にフェデラーとL・ヒューイット(オーストラリア)によってフォーマットを変更してシドニーで開催され、世界へ発信された。基本的には通常のテニスの公式戦と大きくは変わらないが、素早く、エキサイティング、短時間で試合が決まるように工夫されている。

ネットインのサービスはそのまま続行され、デュースはなく40−40からはサドンデス、4ゲーム先取で1セットが終わる。3−3でタイブレークになる。






■関連ニュース■

・キリオス 棄権の錦織を擁護
・キリオス 手術の西岡へエール
・フェデラー ズベレフに太鼓判
(2017年12月8日21時09分)

その他のニュース

10月20日

大坂、日本人初MVPならず (11時21分)

斎藤恵佑 スーパーJr4強へ (0時35分)

10月19日

大坂ら最終戦の組み合わせ (21時18分)

大坂なおみと伊達公子が共演 (19時27分)

伊藤竜馬 4強入りならず (18時58分)

18歳ヤストレンスカ 快進撃 (17時05分)

ゲルゲス 苦戦もベスト4進出 (16時21分)

快勝フォニーニ 次戦はチョン (15時17分)

前年準Vシュワルツマン 8強 (14時35分)

ブシャール4強「興奮」 (13時19分)

5選手が新人賞にノミネート (12時30分)

モンフィス、ツォンガ破り8強 (9時18分)

イズナー 大接戦制し8強 (8時39分)

10月18日

スーパーJr 東、斎藤が8強入り (22時51分)

大坂 WTAファイナルズ放送予定 (22時15分)

伊藤竜馬、快勝でCH8強 (22時04分)

西岡ら主催イベント 今年も開催 (21時08分)

ムグルサ 18歳に敗れ8強逃す (19時20分)

チェッキナート 完敗で姿消す (18時36分)

ハレプ 最終戦を欠場「残念」 (17時48分)

錦織 カムバック賞候補に (17時00分)

21歳以下 最終戦3選手確定 (16時00分)

八百長と勧誘で永久追放 (13時56分)

ソック 連敗ストップで8強へ (12時47分)

最終戦8選手出揃う 21日開幕 (11時24分)

ラオニッチ 2週連続初戦敗退 (10時34分)

10月17日

綿貫 チャレンジャー8強ならず (22時32分)

スティーブンス 完敗で姿消す (21時22分)

大ヒットDVDの続編 先行販売 (20時01分)

ジョコ 獲得数でナダル越え (19時06分)

ハレプ棄権「まだ痛みある」 (16時51分)

ムグルサ 次戦は18歳前週女王 (15時56分)

マクラクラン組、接戦落とす (15時15分)

チョン 快勝で初戦突破 (14時16分)

シモン キャリア通算450勝 (12時47分)

キリオス エース25本で勝利 (11時44分)

ツォンガ、8カ月ぶりの勝利 (9時31分)

伊藤竜馬、添田豪が初戦突破 (8時27分)

ダニエル太郎が初戦敗退 (7時44分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!