- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみ金星 番狂わせ5位

大坂なおみ
番狂わせ5位となった大坂なおみ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子プロテニス協会のWTAは27日に公式サイトで2017年の番狂わせトップ5を発表し、大坂なおみが前年度覇者のA・ケルバー(ドイツ)を破った全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)シングルス1回戦が5位にランクインした。

19歳で当時世界ランク45位の大坂は、持ち前のパワフルなストロークを武器にケルバーを圧倒。当時同6位のケルバーの9本に対し、大坂は22本ものウィナーを決めて6-3, 6-1とわずか65分で退けた。

2016年の全米オープンで大坂は、4回戦でM・キーズ(アメリカ)と対戦。勝敗を決めるファイナルセットではゲームカウント5−1とリードし勝利目前だったが、そこから逆転を許して試合後には涙を流した。

前年に悔しい敗戦を経験した大坂は、自身初となるトップ10選手からの勝利を決めた。「このコートにはあまり良い思い出がなかったけど、それを変えられた。4−1とリードした時、去年と同じことを繰り返しませんようにと心の中で願っていた」と試合後のオンコート・インタビューで語っていた。

全米オープンで2005年のS・クズネツォワ(ロシア)以来12年ぶりに前年度チャンピオン1回戦敗退となったケルバーはこの敗戦で昨年に獲得した2,000ポイントを失い、自身初の世界ランク1位に上り詰めた1年後にトップ10から転落となった。

その後、両者は東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)とチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、プレミアマンダトリー)で対戦し、いずれも1回戦でケルバーに軍配があがった。






■関連ニュース■

・大坂なおみに脱帽で初戦敗退
・大坂なおみ「意味ある」金星
・大坂なおみ トップ10に初勝利
(2017年11月28日10時54分)

その他のニュース

7月16日

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

7月13日

フェデラーのユニクロ予約販売 (20時31分)

錦織「リベンジしたい」と綴る (17時00分)

「悔しい」と内藤/ 佐藤組 (15時00分)

劇的勝利 3時間激闘制し決勝へ (14時00分)

HEAD 新SPEED世界先行発売 (12時49分)

錦織8強当たり前と満足せず (11時00分)

王者 国枝まさかの初戦敗退 (10時00分)

ナダル、フェデラー気遣う (6時19分)

田島尚輝、複第1シード破る (2時35分)

セリーナ 決勝進出でV王手 (0時09分)

【1ポイント速報】女子準決勝 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!