- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみに脱帽で初戦敗退

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は29日、女子シングルス1回戦が行われ、昨年覇者で第6シードのA・ケルバー(ドイツ)は世界ランク45位の大坂なおみに3-6, 1-6の完敗を喫し、初戦で姿を消した。試合後の会見では「彼女(大坂)は、とても攻撃的な選手。サービスも良く、出だしから素晴らしいプレーだった」と脱帽した。

>>杉田 全米OP初戦1ポイント速報<<

>>大坂ら全米OP対戦表<<

この日、元世界ランク1位のケルバーは序盤から大坂の強打に苦しみ、1時間5分で1回戦敗退。昨年の全米オープンで四大大会2勝目をあげたセンターコートの大舞台で、今年は初戦で力尽きた。

「今日は自分の日ではなかった。望んでいた結果ではないし、悲しい。何とか逆転できると信じていた。自分にとってベストな日ではなかった」と落胆の表情を見せた。

才能溢れる19歳の大坂については「彼女はまだ若いし、素晴らしい将来があるのは確かなこと。彼女は何も失うものがなかった。大切な場面で最高のプレーをしていた。ハードヒットをしてくるし、ビッグサーブもある。最初から最後まで素晴らしいテニスをしていた」と絶賛した。

昨年の輝かしい成績とは対照的に、今年は無冠のシーズンを送っている29歳のケルバーは「昨年はスタートから良いプレーができていたけど、今年は苦しんでいた。でも自分は強いと分かっているし、絶対にもっと強くなって帰ってくる。ここが終わりではない。早く今日の試合は忘れて、また前を向きたい」と意気込んだ。

一方、勝利した大坂は2回戦で、世界ランク90位のD・アレルトバ(チェコ共和国)と予選勝者のR・ピーターソン(スウェーデン)のどちらかと対戦する。






■関連ニュース■ 

・大坂なおみ セリーナ抜き1位
・元女王が大坂なおみを絶賛
・大坂なおみは「危険な選手」
(2017年8月30日11時10分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!