- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

一触即発 試合態度に不満で口論

男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、ハード、ATP500)は26日、シングルス2回戦が行われ、第8シードのJW・ツォンガ(フランス)D・ズムル(ボスニア)を6-7 (5-7), 7-6 (9-7), 6-1の逆転で退け、ベスト8進出を果たした。

>>フェデラーらスイス室内 対戦表<<

>>ズベレフらウィーン対戦表<<

この日、タイブレークの末に第1セットを落としたツォンガは、続く第2セットでもタイブレークへもつれ込む接戦となったが、このセットを取りきってセットカウント1−1に。その後はツォンガに流れが傾いた。

そしてサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた第7ゲーム、ツォンガが放ったボディーサーブに対し、ズムルはラケットに当てるのが精一杯で、リターン後に諦めたかのように次のサイドへ移動し始めた。

その行動を見たツォンガはボールをネットにかけ、「彼はやる気がない」と主審へ抗議した。

主審にもそのように見受けられたため注意すると、ズムルは「何が悪いんだ?」と激しく反論。結果、ツォンガがそのセットを取りきり勝利した。

試合後、握手を交わした両者だったが、ツォンガが問題のプレーについて話しかけると、ズムルは「ボールは返したじゃないか!何も悪いことはしていない!」と言い返し口論。最後はツォンガも呆れたかのように自身のベンチへ戻っていった。

駒を進めたツォンガは、準々決勝で第1シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。






■関連ニュース■

・ツォンガ 感謝の手紙受け取る
・ツォンガ 第1子誕生を報告
・相次ぐシード敗退 ティームも
(2017年10月27日16時49分)

その他のニュース

6月4日

【名勝負特集】フェデラーvsデルポ、全仏2009 (21時53分)

16歳ガウフ 差別撤廃へ演説 (20時13分)

ナダルのゲーム獲得率を分析 (18時17分)

生涯GS「自身への証明」 (14時55分)

【錦織特集3】ティームとの全仏2018 (12時19分)

圧巻 34本のウィナー動画を掲載 (11時07分)

全仏大躍進は「人生変わった」 (9時00分)

世界3位語る試合時のメンタル (7時38分)

6月3日

【名勝負特集】ジョコvsマレー 全仏2016 (17時43分)

ナダル 34歳の誕生日迎える (16時02分)

【錦織特集2】絶体絶命から勝利 全仏2019 (12時00分)

ナダル元コーチ、トニー語る (11時19分)

6月2日

【名勝負特集】ナダルvsフェデラー 全仏2005 (20時57分)

キリオスとの友情明かす (20時35分)

【錦織特集1】ナダルとの全仏2019 (18時17分)

錦織コーチの王者撃破に注目 (15時40分)

「失望と怒り」USTAが声明 (11時54分)

車いす選手へ資金援助を発表 (11時06分)

ナダル 全仏5つのハイライト (8時55分)

6月1日

人種差別反対の意思を表明 (20時58分)

MPしのぎ2連覇を達成 (19時23分)

大坂元コーチ 事件へ言及 (17時34分)

ナダルの敗退「いつか起こる」 (15時01分)

“スーパーマン”のスキル特集 (12時35分)

人種差別へのメッセージ掲載 (10時44分)

全仏初V 4度目の正直で達成 (8時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!