- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

清水悠太 スーパーJrの頂点に

清水悠太
優勝を飾った第1シードの清水悠太
画像提供: tennis365.net
ITFジュニアサーキット グレードAの大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会(兵庫県/ブルボンビーンズドーム、室内ハード)は22日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードの清水悠太(西宮甲英高校)が第2シードのT・スカトフ(ロシア)を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで下し、世界ジュニアの頂点に立った。

>>杉田らスイス室内 対戦表<<

この日、4ゲーム連取する好スタートを切った清水だったが、ミスなどが重なり、ゲームカウント4−3に。しかし、第8ゲームでブレークに成功して悪い流れを断ってリードを奪い、第1セットを先取する。

続く第2セット、ゲームカウント5−3で迎えた第9ゲームでマッチポイントを握ったが、これを活かすことが出来ずに3ゲーム連取を許す。しかし、最後はタイブレークをものにして勝利を掴んだ。




優勝を決めた直後の清水


昨年優勝を飾った綿貫陽介に続き、2年連続で日本人選手がタイトル獲得となった。



試合後にファンサービスを行う清水



第2シードのティモフェイ・スカトフ


清水は今大会、1回戦で坂川広樹(楠クラブ)、2回戦でA・カレンダー(クロアチア)、3回戦で影山太星(名経大市邨高校)、準々決勝で第9シードのY・エレル(トルコ)、準決勝でT・ボイヤー(アメリカ)を下し、1セットも落とすことなく決勝まで勝ち上がった。

今シーズンは、8月のダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権'17(大阪/大阪市、靱テニスセンター)18歳以下男子シングルスでタイトルを獲得。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では、シングルスで初戦敗退したものの、堀江亨(TEAM YONEZAWA)とペアを組んだダブルスで準優勝を飾った。






■関連ニュース■ 

・堀江/清水 決勝後のコメント
・清水悠太 初のJrトップ10入り
・堀江/清水、健闘も全米準V
(2017年10月22日14時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!