- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

清水悠太 スーパーJrの頂点に

清水悠太
優勝を飾った第1シードの清水悠太
画像提供: tennis365.net
ITFジュニアサーキット グレードAの大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会(兵庫県/ブルボンビーンズドーム、室内ハード)は22日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードの清水悠太(西宮甲英高校)が第2シードのT・スカトフ(ロシア)を6-3, 7-6 (7-5)のストレートで下し、世界ジュニアの頂点に立った。

>>杉田らスイス室内 対戦表<<

この日、4ゲーム連取する好スタートを切った清水だったが、ミスなどが重なり、ゲームカウント4−3に。しかし、第8ゲームでブレークに成功して悪い流れを断ってリードを奪い、第1セットを先取する。

続く第2セット、ゲームカウント5−3で迎えた第9ゲームでマッチポイントを握ったが、これを活かすことが出来ずに3ゲーム連取を許す。しかし、最後はタイブレークをものにして勝利を掴んだ。




優勝を決めた直後の清水


昨年優勝を飾った綿貫陽介に続き、2年連続で日本人選手がタイトル獲得となった。



試合後にファンサービスを行う清水



第2シードのティモフェイ・スカトフ


清水は今大会、1回戦で坂川広樹(楠クラブ)、2回戦でA・カレンダー(クロアチア)、3回戦で影山太星(名経大市邨高校)、準々決勝で第9シードのY・エレル(トルコ)、準決勝でT・ボイヤー(アメリカ)を下し、1セットも落とすことなく決勝まで勝ち上がった。

今シーズンは、8月のダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権'17(大阪/大阪市、靱テニスセンター)18歳以下男子シングルスでタイトルを獲得。全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では、シングルスで初戦敗退したものの、堀江亨(TEAM YONEZAWA)とペアを組んだダブルスで準優勝を飾った。






■関連ニュース■ 

・堀江/清水 決勝後のコメント
・清水悠太 初のJrトップ10入り
・堀江/清水、健闘も全米準V
(2017年10月22日14時07分)

その他のニュース

5月20日

ナダル復活V 全仏OPへ弾み (2時21分)

ナダル、ローマ2連覇9度目V (1時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsナダル (1時38分)

5月19日

マレー パデル普及の支援表明 (22時00分)

畑と辻岡が12歳以下制す (21時42分)

前田と石井が14歳以下制す (21時42分)

「球遅かった」チチパス敗戦 (19時56分)

イズナー 全仏OP欠場を発表 (18時30分)

ナダル「前向き」 ジョコ戦へ (18時11分)

ジョコ決勝へ「究極の挑戦」 (17時00分)

ジョコ、ナダルとの決勝へ (8時44分)

ナダル 決勝進出でV王手 (0時22分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (0時19分)

5月18日

フェデラー 全仏ウエア公開 (19時41分)

錦織 全仏OP着用ウエア公開 (16時31分)

雄叫びジョコ「苦しめられた」 (14時41分)

「いいニュース」ナダル4強 (13時46分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時21分)

錦織に初勝利「自信あった」 (10時23分)

ジョコ 3時間死闘制し4強 (9時56分)

錦織 脱帽「とても強かった」 (0時26分)

5月17日

フェデラー 右足の負傷で棄権 (23時01分)

錦織 敗退で3年ぶり4強逃す (22時06分)

【1ポイント速報】錦織vsシュワルツマン (20時26分)

大坂 棄権「どうして起きたか」 (20時05分)

【中止】フェデラーvsチチパス (20時04分)

大坂なおみ 右手負傷で棄権 (18時41分)

【中止】大坂vsベルテンス (17時14分)

錦織らローマ8強出揃う (17時13分)

ナダル圧勝も「非常に危険」 (16時24分)

ジョコ「完璧」13年連続8強へ (14時12分)

錦織「タフな試合」制し8強 (10時02分)

大坂 日本初のGS第1シード (9時05分)

フェデラー 死闘制し8強へ (8時02分)

試合放棄キリオス「酷かった」 (6時42分)

錦織 崖っぷちから8強へ進出 (3時54分)

大坂 2試合乗り切り初の8強 (2時11分)

【1ポイント速報】錦織vsシュトルフ (2時10分)

【1ポイント速報】大坂vsブザルネスク (0時34分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!