- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王者ナダル 上海初Vに王手

男子テニスの上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は14日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が第4シードのM・チリッチ(クロアチア)を7-5, 7-6 (7-3)のストレートで下して大会初優勝に王手をかけた。ナダルは、今回の勝利がキャリア通算勝利数871勝目となり、A・アガシ(アメリカ)を抜いて単独の歴代6位に浮上した。

>>上海マスターズ対戦表<<

>>フェデラーvsデルポ 1ポイント速報<<

序盤から激しいストローク戦となったこの試合、ナダルは第10ゲームで3本のセットポイントを握られるも、これを死守。直後の第11ゲームで初のブレークに成功して第1セットを先取する。

続く第2セット、ミスを重ねたチリッチからポイントを先行したナダルが第2ゲームでブレークに成功する。その後も互いに譲らぬ展開となったが、ナダルがタイブレークをものにして8年ぶりの決勝進出を決めた。

決勝では、第2シードのR・フェデラー(スイス)と第16シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

31歳のナダルは、上海マスターズ初出場の2009年に決勝へ進出。N・ダビデンコ(ロシア)に敗れるも準優勝を果たした。

今年8月に世界ランク1位に返り咲いたナダルは、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会2勝目。前週のチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、ATP500)では、決勝でN・キリオス(オーストラリア)を下して今季6勝目、キャリア通算75勝目を飾った。

一方、敗れたチリッチは大会初の決勝進出とはならなかった。






■関連ニュース■ 

・ナダル戦で疑惑の大誤審
・ナダル戦で大ブーイング
・ナダル、ドーピング疑惑に怒り
(2017年10月14日19時59分)

その他のニュース

1月22日

錦織に惜敗 主審へ激怒も謝罪 (3時35分)

1月21日

錦織 5時間の死闘「びっくり」 (23時44分)

錦織 次戦は14連敗中ジョコ (22時51分)

錦織 死闘制し全豪OP8強へ (21時21分)

【1ポイント速報】ジョコvsメドヴェデフ (21時20分)

【1ポイント速報】錦織vsカレノ=ブスタ (17時33分)

【告知】チチパス、ナダル (17時32分)

プリスコバ 全豪3年連続の8強 (17時17分)

大坂、準々決勝は世界7位 (14時41分)

ラオニッチ ズベレフ破り8強 (14時29分)

大坂なおみ 全豪OP初8強へ (12時00分)

「いい気分」GS初8強入り (10時22分)

フェデラー撃破「純粋に幸せ」 (8時54分)

フェデラー敗退「ひどく後悔」 (7時22分)

1月20日

フェデラー 全豪8強ならず (21時04分)

【1ポイント速報】フェデラーvsチチパス (20時04分)

シャラポワ「チャンスあった」 (19時43分)

21歳の誕生日 四大大会初8強 (16時10分)

ナダル8強 ベルディヒ撃破 (16時03分)

ダンロップ 四大大会初の公式球 (14時15分)

錦織 全豪4回戦へ向け調整 (11時08分)

松岡氏、錦織と大坂を労う (7時50分)

1月19日

錦織ら全豪OP16強出揃う (22時49分)

錦織、全豪OP3回戦の詳細 (21時41分)

錦織 次戦は「簡単に勝てない」 (18時54分)

「圧倒された」大坂が逆転勝利 (18時24分)

錦織圭、大坂なおみに冗談 (16時51分)

ジョコ 苦戦も12度目16強 (16時47分)

錦織 全豪4回戦は世界23位 (15時26分)

錦織 快勝で全豪7度目16強 (13時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsシャポバロフ (13時39分)

【1ポイント速報】錦織vsソウサ (11時21分)

大坂なおみ 全豪2年連続16強 (11時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!