- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

東レ複優勝「必ずまた来年」

東レ
マルチネス=サンチェス、クレパック、ガブリロワ、カサキナ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)は23日、ダブルス決勝が行われ、第4シードのA・クレパック(スロベニア)/ MJ・マルチネス=サンチェス(スペイン)組がD・ガブリロワ(オーストラリア)/ D・カサキナ(ロシア)組を6-3, 6-2のストレートで下し、優勝を飾った。

>>東レPPO 対戦表<<

決勝戦、クレパック/ マルチネス=サンチェス組はトータルで5度のブレークに成功してガブリロワ/ カサキナ組を寄せ付けず、1時間8分で勝利を手にした。

優勝が決まった瞬間、クレパックとマルチネス=サンチェスは抱き合って喜びを共有していた。

表彰式でクレパックは「今日はここに足を運んで下さった皆さん、本当にありがとうございました。とても力になりました」とファンへ感謝の想いを伝えた。

続けてマルチネス=サンチェスは「皆さんの力無くして、この大会は開催できていません。本当にありがとうございます。私は今コーチがいないですが、母国で見てくれている私の夫にこのトロフィーを捧げたいと思います。そして、必ずまた来年戻ってきたいと思います」と語っていた。

一方、準優勝となったガブリロワ/ カサキナ組は、準決勝で二宮真琴/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組をフルセットで下しての勝ち上がりだった。






■関連ニュース■ 

・二宮組 惜敗で決勝進出ならず
・二宮真琴「思い切って出来た」
・二宮真琴 快進撃の裏側明かす
(2017年9月23日19時20分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!