- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

二宮組 惜敗で決勝進出ならず

二宮真琴/ボラチョーバ
準決勝で敗れた二宮/ボラチョーバ組
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント2017(東京/有明コロシアム、ハード、プレミア)は22日、ダブルス準決勝が行われ、二宮真琴/ R・ボラチョーバ(チェコ共和国)組はD・ガブリロワ(オーストラリア)/ D・カサキナ(ロシア)組に2-6, 6-3, [7-10]のフルセットで敗れ、決勝進出とはならなかった。

>>東レPPO 対戦表<<

今年7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で四大大会初のベスト4進出を果たした二宮/ ボラチョーバ組はこの日第1セットを落とすも、第2セットは終盤で3ゲームを連取し、セットカウント1−1に追いつく。

しかし、10ポイントマッチ・タイブレークではポイントを先行され、1時間26分で敗れた。

二宮/ ボラチョーバ組は1回戦で大坂まり/ 大坂なおみ組、準々決勝で第3シードのA・ロソルスカ(ポーランド)/ A・スピアズ(アメリカ)組を破っての勝ち上がりだった。

その他の日本勢では奈良くるみ/ 尾崎里紗組が8強入りし、準々決勝でガブリロワ/ カサキナ組に敗れた。

勝利したガブリロワ/ カサトキナ組は、決勝で第4シードのA・クレパック(スロベニア)/ MJ・マルチネス=サンチェス(スペイン)組と対戦する。






■関連ニュース■ 

・二宮真琴 快進撃の裏側明かす
・二宮真琴「思い切って出来た」
・珍事件 奈良くるみ「笑えない」
(2017年9月22日23時07分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!