- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】添田勝利 日本残留王手

添田豪
全米オープン時の添田豪
画像提供: tennis365.net
男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本vsブラジル(日本/大阪、靱テニスセンター)は初日の15日、シングルス第2試合が行われ、世界ランク139位の添田豪が同116位のT・モンテイロ(ブラジル)との死闘を3-6, 6-4, 6-3, 6-7 (1-7), 6-4のフルセットで制し、2勝0敗とした日本はワールドグループ残留に王手をかけた。

>>マクラクラン/ 内山組 1ポイント速報<<

この日、第1セットでゲームカウント0−5から3−5まで追い上げた添田は徐々に本来の力を発揮し、第2・第3セットを連取。第4セットは第1ゲームでブレークすると、第10ゲームではサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。しかし、土壇場でモンテイロにブレークバックされてタイブレークの末に第4セットを落とし、セットカウント2−2に追いつかれる。

ファイナルセットに入ると添田が第6ゲームで強烈なリターンを決めるなどでブレークに成功。第9ゲームは再びサービング・フォー・ザ・マッチをブレークバックされるも第10ゲームをブレークし、シングルス第1試合の杉田祐一に続き勝利を手にした。

大会2日目の16日はB・マクラクラン/ 内山靖崇組とM・メロ(ブラジル)/ B・ソアレス(ブラジル)組が対戦する。

日本は昨年のワールドグループプレーオフ ウクライナ戦で5連勝をおさめてワールドグループ残留を決めた。今年2月のワールドグループ1回戦では錦織圭が欠場の中でフランスに1−4で敗れ、今回のプレーオフを戦っている。

日本とブラジルの組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:杉田祐一 6-2, 7-5, 7-6 (7-5) G・クレザー
・シングルス第2試合:添田豪 3-6, 6-4, 6-3, 6-7 (1-7), 6-4 T・モンテイロ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:B・マクラクラン/ 内山靖崇 vs M・メロ/ B・ソアレス

【大会3日目】
・シングルス第1試合:杉田祐一 vs T・モンテイロ
・シングルス第2試合:添田豪 vs G・クレザー

デビスカップは、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行なう。2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利となる。






■関連ニュース■ 

・添田豪4強 因縁相手に初勝利
・錦織 肘動かせるようになった
・錦織 右手首の近況を報告
(2017年9月15日17時52分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!