- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

V王手の83位「本当に光栄」

スローン・スティーブンス
四大大会初優勝に王手のスティーブンス
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、女子シングルス準決勝が行われ、第9シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)をフルセットで下し、四大大会初の決勝進出を果たした世界ランク83位のS・スティーブンス(アメリカ)が試合後の会見で「グランドスラムの決勝へ進めたのはスーパーハッピー。準決勝に4人のアメリカ人がいるのは、今のアメリカのテニス界を表しているはず。そんな素晴らしい4人のアメリカ人の1人になれたのは、本当に光栄だし誇りに思う」とコメントした。

>>ナダルvsデルポ 1ポイント速報<<

>>全米OP対戦表<<

「大きなギブスをしていた。全く動けなかったから、ソファーに根が生えたように全豪オープンの2週間はずっと座っていた。テレビで見ていた。すごく早起きをして見ていた。他のグランドスラムもテレビで見ていた。」

24歳のスティーブンスはこれまでツアー4大会でタイトルを獲得。2013年には世界ランク11位を記録したが、足のけがで一時ツアーを離れ、今年7月末には957位までランキングを落とした。

しかし、ロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTAプレミア5)とW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTAプレミア5)の2大会連続でベスト4進出を果たし、今大会ではノーシードから決勝まで勝ち上がった。

この日は、わずか24分で第1セットを先取するも、第2セットではギアを上げたヴィーナスに主導権を握られ、試合はファイナルセットにもつれこんだ。

「第1セットはほとんどミスをしなかった。ヴィーナスがたくさんミスを犯していた。第2セットは彼女はギアを上げてきた。グランドスラムのチャンピオンならではのプレーだった。自分はただ落胆し過ぎないようにしていた。」

ファイナルセットも互いに譲らぬ展開となったが、アンフォースドエラーの数をヴィーナスの半分以下に抑えたスティーブンスに軍配が上がった。

スティーブンスは「試合の頭から。きっとタフな試合になるはずと思っていた。自分の展開にもっていかなければならないのは分かっていた。それがとても上手くいった」と激闘を振り返った。

初優勝をかけた決勝では、第15シードのM・キーズ(アメリカ)と対戦する。全米オープンの女子シングルスでアメリカ勢が優勝を争うのは、2002年のS・ウィリアムズ(アメリカ)とヴィーナスの決勝以来15年ぶりとなる。






■関連ニュース■ 

・初の決勝へ「ゾーンに入った」
・フェデラー落胆「辛いこと」
・ナダル、次戦デルポを警戒
(2017年9月8日21時29分)

その他のニュース

7月20日

ブシャール 接戦制し8強 (13時24分)

連覇狙うルブレフ 8強入り (12時25分)

結婚発表 世界9位プリスコバ (11時04分)

フェレール 連覇の夢消える (7時38分)

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!