- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

苛立ちでペットボトル叩く

男子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス準々決勝が行われ、世界ランク1位返り咲きが確定している第1シードのR・ナダル(スペイン)は世界ランク23位のN・キリオス(オーストラリア)に2-6, 5-7のストレートで敗れ、2013年以来4年ぶりのベスト4進出とはならなった。

>>キリオスvsフェレール 1ポイント速報<<

>>W&Sオープン対戦表<<

2013年のW&Sオープンを制しているナダルは、勢いに乗るキリオスに屈して序盤で2度のブレークを許して第1セットを落とす。

第2セットの第10ゲームではキリオスのサービング・フォー・ザ・マッチを迎えたが、土壇場でブレークバックに成功したナダルは雄叫びをあげた。しかし、第11ゲームでブレークされると、第12ゲームでは最後サービスエースを決められ、1時間20分で準々決勝敗退となった。

この日、フラストレーションがたまったナダルはベンチでペットボトルを地面に叩きつけるなど、本来の力は影を潜めていた。

一方、勝利した22歳のキリオスは、準決勝で元世界ランク3位のD・フェレール(スペイン)と対戦する。フェレールは準々決勝で第3シードのD・ティーム(オーストリア)をストレートで破っての勝ち上がり。

同日の準々決勝では杉田祐一が第7シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)に挑んだが、ストレートで敗れた。






■関連ニュース■ 

・ナダル 「本当に申し訳ない」
・錦織棄権をキリオス擁護
・珍事 キリオス線審にタオル渡す
(2017年8月19日20時20分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!