- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーとナダル 再び激突

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は31日、シングルス準決勝が行われ、第4シードのR・フェデラー(スイス)と第5シードのR・ナダル(スペイン)が決勝進出を果たし、通算37度目の黄金カードが日本時間3日の午前2時(現地2日の13時)に実現する。

>>フェデラーvsナダル 1ポイント速報<<

>>マイアミOP対戦表<<

この日、フェデラーは第12シードのN・キリオス(オーストラリア)、ナダルは世界ランク40位のF・フォニュイーニを破り、決勝へ駒を進めた。

フェデラーとナダルは今年だけでも3度目の激突で、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)決勝とBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)4回戦でフェデラーの2連勝。

通算ではナダルが23勝13敗、マイアミでも2勝1敗と勝ち越している。

近年はA・マレー(英国)N・ジョコビッチ(セルビア)が男子テニス界の2トップに君臨していたが、今年からその流れが一変。膝の怪我から完全復活を遂げたフェデラーと手首の故障を乗り越えたナダルの2人が、再び力を見せつけている。

2人のライバル対決は13年前の2004年、このマイアミから始まった。

最初に対戦したマイアミ3回戦ではナダルがフェデラーにストレート勝ち。その翌年には同大会の決勝(5セットマッチ)で対戦し、フェデラーが2セットダウンからの大逆転勝利をおさめて優勝した。


【フェデラーvsナダル マイアミOP戦績】

<2011年>
準決勝 ナダル 6-3, 6-2 フェデラー

<2005年>
決勝 フェデラー 2-6, 6-7 (4-7), 7-6 (7-5), 6-3, 6-1 ナダル

<2004年>
3回戦 ナダル 6-3, 6-3 フェデラー






■関連ニュース■ 

・錦織11位、1位はフェデラー
・フェデラー 錦織絶賛「素早い」
・ナダル「錦織対策」貫き4強
(2017年4月1日15時36分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!