- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡「これ以上無い経験」

男子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は15日、シングルス4回戦が行われ、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)に大健闘も6-3, 3-6, 6-7 (4-7)の逆転で敗れた世界ランク70位の西岡良仁が試合後、自身のツイッターに「これ以上無い経験です。負けは悔しいですが後悔はないです」と振り返った。

>>錦織vsソック 1ポイント速報<<

>>BNPパリバ対戦表<<

この日、世界ランク3位のワウリンカから3度のブレークに成功して第1セットを先取した西岡は、続く第2セットを落として勝敗はファイナルセットへ。

ファイナルセットでは、2度のサービング・フォー・ザ・セットを迎え、勝利まであと2ポイントまで迫るがいずれも取り切れずにタイブレークへ突入。その後はワウリンカにポイントを連取され、2時間13分で惜敗した。

西岡は「IW(インディアンウェルズ)ベスト8はなりませんでしたが、今の状態で出来る限りは尽くしました。もう少しでしたが後半は体力が残ってなかったです。最後はトップ選手の力を見せつけられました。本当に楽しい試合でした!」と綴り、今回の敗戦をプラスに捉えていた。

今大会は予選決勝で敗退したが、ラッキールーザーで本戦入りした西岡は、2回戦で第19シードのI・カルロビッチ(クロアチア)、3回戦で第13シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)を破る快進撃でマスターズ初のベスト16進出を果たしていた。

また、同日に行われた4回戦では、第4シードの錦織圭が世界ランク60位のD・ヤング(アメリカ)を6-2, 6-4のストレートで下し、2年連続2度目の8強入りを決めた。準々決勝では、第17シードのJ・ソック(アメリカ)と対戦する。






■関連ニュース■ 

・西岡、錦織「超強かった」
・西岡 大金星目前も一歩及ばず
・大逆転負けでラケット破壊
(2017年3月17日9時26分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!