- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

慶大 上杉海斗「素直に嬉しい」

上杉海斗
インカレ時の上杉海斗
画像提供: tennis365.net
慶應義塾大学テニス部3年生の上杉海斗は今オフ、tennis365.netのインタビューに応じ、2016年シーズンを振り返った。

上杉はテニスの強豪校、清風高校(大阪)の出身で、現在慶應義塾大学テニス部の主将を務めている。

2016年シーズンは「すごく浮き沈みの激しい、濃い1年といえば濃い1年だった。年末年始に膝の怪我をして、2月くらいに復帰して、そこからあまりテニスもよくなかったけど、最初の春関で優勝できた」とコメント。春の関東学生トーナメントでは同部2年の逸崎凱人をストレートで下してタイトルを獲得した。

「そこからインカレでベスト4、関東リーグで(勝敗がかかった時に)自分が負けて、慶應が王座にいくことができなくて、すごくメンタル的にきつかった時期もあった」と振り返った。

2016年12月の全日本学生室内テニス選手権大会(インカレ室内)決勝では、中央大学1年で清風高校の後輩でもある望月勇希を破って、優勝。1番印象に残った試合としてもこの対戦をあげ、「今まで全国でシングルスのタイトルはなかったので、素直に嬉しい。(今までは)どうしても自分が勝たないといけないと思ったりして、すごく不安を抱えて試合をしていて、それでうまくいかなかった」

「インカレ室内では、勝ち負けを気にせずに、とにかく自分のプレー、全力を出せるように1試合1試合プレーすることができて、それを最後まで貫くことができた。優勝もそうだけど、自分の実力・プレーを出せたことが嬉しかった」とコメントした。

しかし、2016年8月の全日本学生テニス選手権大会(インカレ)は、準決勝で早稲田大学1年の小林雅哉に敗れてベスト4にとどまった。小林には2015年の全日本テニス選手権、2016年の春の早慶戦と負けが続いている。

1年生との対戦は「向かって来られる方がプレッシャーを感じるが、そこに対してそんなにネガティブにはならない。特にやりづらいなと思う相手はいない」と上杉。小林についても「勝ててはいないけれどあまり気にしていない。自分自身はあまりブレないので、とにかくどんなことにおいても自分次第だと思っている」と話した。





最後に2017年シーズンの目標については「夏のインカレシングルスのタイトルを取りたい。団体戦は、男女ともに王座で優勝する(のが目標)。自分自身もそうだし、慶應としてもそういう目標でやっている。個人でいうと全日本選手権、フューチャーズ、チャレンジャーとか1個上の大会で結果を出すというのが目標。」

続けて「課題はフィジカル面ともっと自分に自信を持つこと。自信を持ってプレーすることもできてきているが、学生じゃなくて、プロの選手たちのメンタリティー(が必要)。まだ学生っぽいところもあるので、そこは、自分のテニスが強くなるうえで必要かなと思う」と締めくくった。






■関連ニュース■ 

・上杉海斗 インカレ室内制覇
・インカレ 小林が上杉破り決勝へ
・全日本 小林雅哉が上杉海斗下す
(2017年1月10日17時31分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!