- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 宿敵デルポ初撃破

男子テニスのスイス・インドア(スイス/バーゼル、ハード、ATP500)は28日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードの錦織圭が過去4連敗していた宿敵のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に7-5, 6-4のストレートで初勝利し、5年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

>>スイス・インドア対戦表<<


リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)のメダリスト同士の対戦となったこの試合、序盤から積極的に攻める錦織は、第2ゲームでいきなりブレークチャンスを与えるが、これを死守。第7ゲームはダブルフォルトなどミスが増えてきたデル=ポトロからブレークチャンスを握るも、6度のデュースをものにすることが出来ない。

その後、第11ゲームではこのゲームだけで2本のダブルフォルトなどミスを重ねるデル=ポトロの隙をついた錦織がブレークに成功し、第1セットを先取。

続く第2セット、勢いに乗る錦織は第3ゲームで先にブレークに成功すると、その後も積極的な攻めでデル=ポトロを圧倒し、ストレートで勝利した。

両者は今回が5度目の対戦で、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)準々決勝以来の顔合わせだった。

準決勝では世界ランク37位のG・ミュラー(ルクセンブルグ)と対戦する。

錦織は、10月上旬の楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)で痛めた臀部の怪我からの復帰戦となった1回戦で世界ランク77位のD・ラヨビッチ(セルビア)、2回戦で同38位のP・ロレンジ(イタリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

2011年のスイス・インドアでは、N・ジョコビッチ(セルビア)らを破り決勝進出。R・フェデラー(スイス)に敗れるも準優勝を果たした。

今年はメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、ATP250)で大会初の4連覇を達成、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)、バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)、ロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)では準優勝。

その後、リオデジャネイロ・オリンピックで日本勢96年ぶりとなる銅メダル獲得、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)ではベスト4へ進出した。

また、11月13日に開幕するATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、ハード)に3年連続の出場が確定しており、31日発表の世界ランキングでM・ラオニチを抜いて自己最高タイの4位に復帰することが決まっている。

今大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場していたデル=ポトロは、2009年の全米オープンでグランドスラム初優勝。近年は手首の怪我でツアーを離脱していたが、今年2月に復帰。リオデジャネイロ・オリンピックでは初戦でジョコビッチ、準決勝でR・ナダル(スペイン)を破り、銀メダルを獲得。

さらに国別対抗戦デビスカップ準決勝 イギリス対アルゼンチン(スコットランド/グラスゴー、インドア・ハード)ではA・マレー(英国)を破り、アルゼンチンの決勝進出に貢献。

前週のイフ・ストックホルム・オープン(ストックホルム/スウェーデン、ハード、ATP250)では2014年1月のアピア国際シドニー(オーストラリア/シドニー、ハード、ATP250)以来の優勝を飾り、キャリア通算19勝目をあげた。世界ランキングも42位へ浮上している。






■関連ニュース■ 

・錦織 デルポと米で激突
・錦織 復帰戦「勝てて嬉しい」
・錦織、最終戦確定「ワクワク」
(2016年10月29日3時09分)

その他のニュース

5月22日

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

5月21日

マレー「複プレーできるだろう」 (20時27分)

全仏予選2日目、日本勢男子結果 (20時26分)

錦織、全仏へ向け現地初練習 (19時07分)

錦織7位 日本勢の世界ランク (17時05分)

ティプサレビッチ 2回戦へ (16時24分)

騒動キリオス 次はクレー批判 (13時41分)

MP2本しのぎ世界199位撃破 (11時44分)

錦織8位 20日付最終戦ランク (10時34分)

5月20日

「やっと優勝」ナダルが復活 (22時04分)

西岡「不愉快な試合でした」 (21時53分)

全仏予選1日目、日本勢結果 (21時51分)

ダニエル太郎 世界238位破る (21時09分)

ジョコ脱帽「強すぎた」 (16時52分)

西岡 元10位ガルビスに屈する (16時06分)

大坂1位 5/20世界ランク (13時19分)

ラケット破壊ジョコ精彩欠く (11時44分)

錦織7位後退 チチパス6位へ (8時22分)

ナダル復活V 全仏OPへ弾み (2時21分)

ナダル、ローマ2連覇9度目V (1時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsナダル (1時38分)

5月19日

マレー パデル普及の支援表明 (22時00分)

畑と辻岡が12歳以下制す (21時42分)

前田と石井が14歳以下制す (21時42分)

「球遅かった」チチパス敗戦 (19時56分)

イズナー 全仏OP欠場を発表 (18時30分)

ナダル「前向き」 ジョコ戦へ (18時11分)

ジョコ決勝へ「究極の挑戦」 (17時00分)

ジョコ、ナダルとの決勝へ (8時44分)

ナダル 決勝進出でV王手 (0時22分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (0時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!