- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織に惜敗 マレーが落胆

アンディー・マレー
準々決勝で敗退したマレー
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)は第6シードの錦織圭(日本)に6-1, 4-6, 6-4, 1-6, 5-7で惜敗し、ベスト4進出とはならなかった。

>>全米オープン対戦表<<

マレーは、セットカウント2−1とリード。迎えた第4セットの第3ゲーム、錦織のサービスゲームでは30-40とブレークポイントを握ったところで、屋根を閉じたアーサー・アッシュ・スタジアムに大きな鐘の音のような音が響き、プレーのやり直しとなった。

そのポイントを失い錦織にサービスゲームをキープされたマレーは、不満を露にして主審と大会レフェリーと揉める一幕があった。

プレーのやり直しを強いられたマレーは、その決断に不満。

「全く同じ状況。だから言ったじゃないか」と主審に詰め寄ると、大会レフェリーにも「これはフェアじゃない」と感情を露にしていた。

2012年に全米オープンを制しているマレーは、そのゲームを含め7ゲームを連続して失う結果となり、第4セットをゲームカウント1−6で失う。勝敗を決めるファイナルセットもゲームカウント0ー2と錦織にリードされてしまった。

この試合前にも似たような音が、このスタジアムのスピーカーから出ていた。それは5日に行われたA・コニュー(クロアチア)A・ラドワンスカ(ポーランド)の女子シングルス4回戦にも起きた。

全米テニス協会から7日に発表されたところによると、デジタル・オーディオ・サウンド・プロセッサーがその音の原因で、交換されたはずだった。

マレーはファイナルセットのゲームカウント2−4から3ゲームを奪い、5−4とリードする底力を見せ、勝利まであと1ゲームへ迫った。

しかし、高い集中力を維持していた錦織は続くゲームをサービスキープ。ゲームカウント5−5、マレーのサービスゲームでは30-30からのポイントで痛恨のダブルフォルトを犯して錦織にブレークポイントを与えてしまった。

次のポイントでは、ネットへ出た錦織が、マレーのショットへ飛びついてフォアハンド・ボレーを決め、再びリードを奪った。

マレーは怒りからネットへラケットを叩き付けたが、錦織のサービング・フォー・マッチをキープされ、キャリア・ベストの7大会連続での決勝進出の夢は絶たれた。

「勝たなければいけない試合だった」と語るマレー。

「勝利に必要なだけのブレークは奪っていた。ただ、勝利に必要なだけのサービスをキープ出来なかった。それが勝敗を分けてしまった。もっと上へ勝ち上がりたかったが、今日はそれを許してくれなかった」と敗因を分析。

マレーはここまで、27試合中26試合で勝利を飾っていた。それには7月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の優勝と、先月のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で2大会連続の金メダル獲得も含まれている。オリンピックでマレーは準決勝で錦織をストレートで下していた。

一方、勝利した錦織は準決勝で、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)と2009年の全米オープン覇者のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と決勝進出をかけて対戦する。

(STATS - AP)


【錦織vsマレー 対戦成績】

<2016年>
全米オープン準々決勝 錦織圭 1-6, 6-4, 4-6, 6-1, 7-5 A・マレー

リオデジャネイロ・オリンピック準決勝 A・マレー 6-1, 6-4 錦織圭

デビスカップ A・マレー 7-5, 7-6 (8-6), 3-6, 4-6, 6-3 錦織圭


<2015年>
ロジャーズ・カップ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 A・マレー 6-3, 6-4 錦織圭


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 錦織圭 6-4, 6-4 A・マレー


<2013年>
ブリスベン国際準決勝 A・マレー 6-4, 2-0 途中棄権 錦織圭


<2012年>
全豪オープン準々決勝 A・マレー 6-3, 6-3, 6-1 錦織圭


<2011年>
上海マスターズ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭






■関連ニュース■ 

・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・錦織「最も稼ぐ選手」4位に
・錦織 チャレンジ「機械壊れてる」
(2016年9月8日21時10分)

その他のニュース

6月19日

大坂なおみ「本当にうれしい」 (11時31分)

シャラポワ 復帰戦白星の好発進 (10時57分)

大坂 次戦は世界43位に決定 (10時54分)

芝前哨戦 雨のため順延に (10時07分)

フェデラー 快勝で初戦突破 (8時45分)

6月18日

大坂なおみ 今季芝初戦は白星 (23時47分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (22時46分)

奈良 惜しくも本戦出場逃す (19時16分)

約2カ月ぶりの初戦突破 (17時05分)

約3カ月ぶり復帰戦は白星 (16時53分)

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!