- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 「最も稼ぐ選手」4位に

錦織圭
「最も稼ぐ選手」ランク4位の錦織
画像提供: tennis365.net
フォーブスジャパンは、世界のプロテニス選手が2015年6月からの1年間に得た収入について調査した「世界で最も稼ぐスポーツ選手」ランキングを発表し、錦織圭(日本)が4位にランクインした。

今回のランキングで錦織は最も大きくランクアップし、昨年の7位から3ランク上げて4位となった。年収は3,350万ドル(約34億5,150万円)、賞金総額は350万ドル(約3億6,000万円)。

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の3位決定戦ではR・ナダル(スペイン)を破って銅メダルを獲得した。

2014年にアジア出身の選手として初めてグランドスラムの決勝に進出した錦織は、特にアジア地域で高い人気を得ている。スポンサーの1社であるユニクロとは今年に契約を更新、スポンサー料は年間1,000万ドル(約10億3,890万円)を超えた。

首位はR・フェデラー(スイス)。年収は6,780万ドル(約69億8,500万円)、賞金総額は780万ドル(約8億360万円)だった。フォーブスの調査によれば、フェデラーの同期間中のスポンサー契約料と試合への出場料は、合計およそ6,000万ドル(約61億8,170万円)。

フェデラーが長年にわたってスポンサー契約を交わしている企業は10社ほどで、ナイキやウィルソン、クレディ・スイス、メルセデスベンツ、ロレックスなど。また、エキシビジョンマッチの出場料もトップクラス。一部の試合では、少なくとも200万ドル(約2億780万円)の収入を得ている。

2位は昨年に続き同じランクを維持したN・ジョコビッチ(セルビア)。同期間の年収は5,580万ドル(約57億4,900万円)、賞金総額は2,180万ドル(約22億4,600万円)だった。

2015年シーズンの最後に発表された世界ランキングで1位になったことが、スポンサーであるユニクロやヘッド、アディダスからの多額のボーナス獲得につながった。今年の6月に生涯4大大会(グランドスラム)全制覇を達成。また、プロテニス選手としては初めて、生涯獲得賞金が1億ドル(約103億300万円)を超えた。

またランキングの上位は男子選手が占めたが、5位にはS・ウィリアムズ(アメリカ)がランクイン。年収は2,890万ドル(約30億円)、賞金総額は890万ドル(約9億2,500万円)だった。年収でセリーナがM・シャラポワ(ロシア)を上回ったのは、十数年ぶりとなる。12位までには、女子5選手の名前があがっている。

テニスは多くの面で、その他に比べると男女の格差が少ないスポーツとされており、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)のシングルス優勝賞金は今年、男女とも史上最高の350万ドル(約3億6,400万円)に引き上げられた。

ランキングに入った12人の収入の総額は3億1,900万ドル(約331億4,090万円)で、前年から12パーセントも増加。これは、スポンサー料の増額に負うところが大きい。テニスはファン層の年収が高いスポーツでもある。

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)の観客らの年収は中央値がおよそ16万ドル(約1,660万円)とされており、衣料品や車、時計やハードウェアなどの購入に充てる可処分所得も多いことから、スポンサー企業にとっても魅力的なスポーツだ。

出典:「フォーブス ジャパン」ニュースサイト






■関連ニュース■ 

・錦織 目薬「ボール見えなかった」
・錦織「苦しい場面沢山あった」
・錦織 チャレンジ「機械壊れてる」
(2016年9月3日16時37分)

その他のニュース

9月18日

大坂なおみ 東レ初戦突破 (18時51分)

【1ポイント速報】大坂vsトモワ (17時09分)

土居/ 日比野組が初戦突破 (16時26分)

大坂らトップを支える職人技 (15時15分)

高温多湿に苦戦も初戦を突破 (14時22分)

フェデラー 東京五輪に言及 (12時39分)

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破 (11時22分)

ツォンガ 逆転勝ちで初戦突破 (10時33分)

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!