- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 チャレンジ「機械壊れてる」

錦織圭
チャレンジについて話した錦織
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、男子シングルス1回戦が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が世界ランク96位のB・ベッカー(ドイツ)を6-1, 6-1, 3-6, 6-3で下し、2年ぶりの初戦突破。試合後の会見では、審判の判定に異議を申し立てることが出来るチャレンジシステムについて話した。

>>全米オープン対戦表<<

この日、第1・第2セットを連取して2セットアップとした錦織だったが、第3セットはベッカーの猛攻を受け第8ゲームでブレークを許す。そして、第9ゲームでは錦織が放ったショットがアウトの判定となり、チャレンジを要求。しかし、判定はアウトだった。

試合後、錦織は「チャレンジに関して、自信があった。絶対に機械が壊れているという感じだった。冗談です。納得いかないものは多少あった」と笑顔でコメントし「99パーセント、ラインの上にのっていた」と付け加えた。

第3セットを落とした錦織だったが、第4セットはゲームカウント6−3で取り、2時間10分で勝利した。

2回戦では世界ランク95位のK・カチャノフ(ロシア)と対戦する。







■関連ニュース■ 

・錦織 全米「トンボ」で初V狙う
・錦織 全米初戦のベッカーとは
・錦織、全米OP初戦警戒「強い」
(2016年8月31日20時29分)

その他のニュース

5月20日

ナダル復活V 全仏OPへ弾み (2時21分)

ナダル、ローマ2連覇9度目V (1時40分)

【1ポイント速報】ジョコvsナダル (1時38分)

5月19日

マレー パデル普及の支援表明 (22時00分)

畑と辻岡が12歳以下制す (21時42分)

前田と石井が14歳以下制す (21時42分)

「球遅かった」チチパス敗戦 (19時56分)

イズナー 全仏OP欠場を発表 (18時30分)

ナダル「前向き」 ジョコ戦へ (18時11分)

ジョコ決勝へ「究極の挑戦」 (17時00分)

ジョコ、ナダルとの決勝へ (8時44分)

ナダル 決勝進出でV王手 (0時22分)

【1ポイント速報】ナダルvsチチパス (0時19分)

5月18日

フェデラー 全仏ウエア公開 (19時41分)

錦織 全仏OP着用ウエア公開 (16時31分)

雄叫びジョコ「苦しめられた」 (14時41分)

「いいニュース」ナダル4強 (13時46分)

錦織 世界ランク7位へ後退 (11時21分)

錦織に初勝利「自信あった」 (10時23分)

ジョコ 3時間死闘制し4強 (9時56分)

錦織 脱帽「とても強かった」 (0時26分)

5月17日

フェデラー 右足の負傷で棄権 (23時01分)

錦織 敗退で3年ぶり4強逃す (22時06分)

【1ポイント速報】錦織vsシュワルツマン (20時26分)

大坂 棄権「どうして起きたか」 (20時05分)

【中止】フェデラーvsチチパス (20時04分)

大坂なおみ 右手負傷で棄権 (18時41分)

【中止】大坂vsベルテンス (17時14分)

錦織らローマ8強出揃う (17時13分)

ナダル圧勝も「非常に危険」 (16時24分)

ジョコ「完璧」13年連続8強へ (14時12分)

錦織「タフな試合」制し8強 (10時02分)

大坂 日本初のGS第1シード (9時05分)

フェデラー 死闘制し8強へ (8時02分)

試合放棄キリオス「酷かった」 (6時42分)

錦織 崖っぷちから8強へ進出 (3時54分)

大坂 2試合乗り切り初の8強 (2時11分)

【1ポイント速報】錦織vsシュトルフ (2時10分)

【1ポイント速報】大坂vsブザルネスク (0時34分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!