- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 マレー破り4強

錦織圭
ベスト4進出を果たした錦織圭
画像提供: tennis365.net
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は7日、男子シングルス準々決勝が行われ、第6シードの錦織圭(日本)が優勝候補で第2シードのA・マレー(英国)を1-6, 6-4, 4-6, 6-1, 7-5のフルセットで破る金星をあげ、2年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

>>全米オープン対戦表<<

>>錦織vsマレー1ポイント速報<<

第1セット、第1ゲームで錦織はバックハンドのウィナーを決めるなどで0-40と3本のブレークチャンスを握るも、ものにすることが出来なかった。その後、第4ゲームではマレーの強烈なバックハンドのリターンに押されてブレークを許し、第6・第7ゲームを連取されて、35分でこのセットを落とす。

第2セットも主導権をマレーに握られる中、第7ゲーム途中で雨が降り始め、試合は一時中断。再開後、息を吹き返した錦織が第9・第10ゲームを連取して、セットカウント1−1に追いつく。

第3セットは一進一退の攻防が続くも、第9ゲームで最後ミスを犯した錦織は、このセット3度目のブレークを許す。続く第10ゲームもサービスキープされ、セットカウント1−2と崖っぷちに追い込まれたが、第4セットを取り返してファイナルセットへ。

そして、ファイナルセットも両者一歩も譲らない中、錦織が第11・第12ゲームを連取して勝利を手にした。

両者は今回が9度目の対戦で、錦織から2勝7敗。今年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の準決勝では完敗していた。

準決勝では、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)とリオデジャネイロ・オリンピックで銀メダルを獲得した元世界ランク4位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)の勝者と対戦する。

全米オープンで錦織は2014年にグランドスラム初の決勝進出を果たし、M・チリッチ(クロアチア)に敗れるも準優勝。2015年は1回戦でB・ペール(フランス)にフルセットで敗れた。

一方、敗れたマレーは2012年のロンドンオリンピック(イギリス/ロンドン、芝)に続きリオデジャネイロ・オリンピックで金メダルを獲得し、男子シングルスで史上初の五輪連覇を成し遂げた。

さらに今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)・全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)・ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)でグランドスラム3大会連続の決勝進出を果たす活躍などで、今大会の優勝候補として名前があがっていた。


【錦織vsマレー 対戦成績】

<2016年>
全米オープン準々決勝 錦織圭 1-6, 6-4, 4-6, 6-1, 7-5 A・マレー

リオデジャネイロ・オリンピック準決勝 A・マレー 6-1, 6-4 錦織圭

デビスカップ A・マレー 7-5, 7-6 (8-6), 3-6, 4-6, 6-3 錦織圭


<2015年>
ロジャーズ・カップ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 A・マレー 6-3, 6-4 錦織圭


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 錦織圭 6-4, 6-4 A・マレー


<2013年>
ブリスベン国際準決勝 A・マレー 6-4, 2-0 途中棄権 錦織圭


<2012年>
全豪オープン準々決勝 A・マレー 6-3, 6-3, 6-1 錦織圭


<2011年>
上海マスターズ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭






■関連ニュース■ 

・錦織 マレーは「僕の中で1番」
・錦織「最も稼ぐ選手」4位に
・錦織 チャレンジ「機械壊れてる」
(2016年9月8日7時08分)

その他のニュース

12月13日

セリーナ「楽しみ」元日対戦へ (16時56分)

シャラポワ 最大の驚き語る (14時46分)

錦織 世界278位と2ショット (12時35分)

スカルTシャツ「カモ柄」登場 (12時13分)

野口と福田 2週連続で8強入り (11時16分)

ナダルとジョコ、激突なるか (7時54分)

12月12日

全豪OP地元出場かけ熱戦 (21時11分)

元10位 ガルビスの快進撃が選出 (19時40分)

ジョコらがCL観戦で興奮 (17時00分)

ロブレド受賞「力をくれる」 (15時05分)

野口と福田 快勝で2回戦へ (13時34分)

フェデラー撃破の下剋上が選出 (9時37分)

国枝慎吾が通算8度目の栄誉 (7時54分)

12月11日

チチパス 躍進が下剋上5選に (21時05分)

ナダル 故郷で練習、月末実戦へ (17時05分)

サーシャ氏、受賞の喜び綴る (15時57分)

西岡のツイートにATPが反応 (14時04分)

野口と福田 V狙い出場 (12時30分)

大坂のコーチ 最優秀賞を受賞 (10時21分)

12月10日

錦織直筆サインをプレゼント (21時12分)

全豪OPプレーオフが開幕 (20時13分)

西岡良仁、来年に向けて始動 (18時45分)

錦織 カリフォルニアで練習 (16時45分)

1st終了 三菱とイカイが全勝 (13時05分)

ティーム、フェレールらが出場決定 (11時47分)

連覇狙う橋本総業が全勝 (11時19分)

野口莉央、今季3度目Vならず (9時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!