- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 全米「トンボ」で初V狙う

ユニクロ
「トンボ」をテーマにしたウエア
画像提供: tennis365.net
男子テニスで世界ランク7位の錦織圭(日本)は、今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を狙う。tennis365.netは15日に、錦織が全米オープンで着用するユニクロの最新ウエアを開発したMDチームの坂谷氏に独占インタビューをした。





今回、錦織が着用するウエアのテーマは「戦国武将が縁起の良い【勝ち虫】として好んでいたトンボの翅(はね)」をモチーフとしたグラフィカルなデザイン。





坂谷氏は「トンボ」をテーマにしたストーリーとしては「戦国武将は、鎧や甲にトンボをモチーフとした装飾を付けていた」と説明。





「トンボは戦国時代に、前にしか進まない縁起のいい虫として捉えられ、【勝ち虫】と呼ばれていた」と話す通り、錦織に勝利して欲しいという想いが込められたデザインになっている。

カラーは明るいブルーとホワイトを用意。同デザインのイエロー、レッド、ネイビーも用意しており、この3色は全米オープン後に着用予定。

アメリカは暑く、錦織自身も暑がりであるため、背面と脇面は通気のいいメッシュを使用している。

素材は、汗を溜めず拡散する効果があり、肌面のサラサラ感に定評のある東レと共同開発した独自の素材「ドライEX」を継続して使用。





2014年の全米オープンで日本人初のグランドスラム決勝進出を果たした錦織。昨年はまさかの初戦敗退を喫してしまった。





しかし、今年はマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)とロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)のマスターズ2大会で準優勝、さらにリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の男子シングルスでは1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)銀メダリストの熊谷一弥(日本)以来となる日本勢96年ぶりの銅メダルを獲得する快挙を成し遂げた。

今年の全米オープンでは「戦国武将が愛用していたトンボ」柄のウエアで躍動し、悲願の四大大会初優勝を目指す。


■関連ニュース■ 

・錦織 全米初戦のベッカーとは
・錦織、全米OP初戦警戒「強い」
・錦織 卓球の水谷「カッコ良い」
(2016年8月29日11時32分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!