- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

プロも実践、水分補給のコツ

綿貫裕介
水分補給をする綿貫裕介プロ
画像提供: tennis365.net
60度以上にもなるテニスコートを2-3時間駆けまわっている。プロのテニス選手は脱水や熱中症についてどのような対策をしているのだろうか。

夏場のテニス、誰しも数分動いただけで身体の動きが鈍くなったり、気分が悪くなったりすることがあるだろう。

今年6月の昭和の森国際男子オープン(東京都昭島市/昭和の森テニスセンター、砂入り人工芝、フューチャーズ)で準優勝を飾る活躍を見せた世界ランク631位の綿貫裕介(日本)プロに水分補給の極意について伺った。


【綿貫プロ独占インタビュー】

-暑さ対策について気をつけていることは?

コートには必ずクーラーボックスに氷や氷嚢と一緒に水分、エネルギー補給のためのゼリーなどを入れて持っていきます。

熱がこもると体が動かなくなって来たり、集中を欠いたりするので首や頭部を冷やしたりします。でも一番意識するのは水分の摂り方です。


-身体を冷やすのはもちろんですが、水はただ飲めばいいというわけではないのですか?

ただのお水などをいくら飲んでいてもどんどん汗で出てしまい、結局脱水が進んでいることもあるようで、飲むタイミングや種類を特に気を付けています。

いくら冷やしても脱水してしまえば意味がないので。
このことに気が付くまでは暑さでボーっとしてしまったり、足をつったりと、かなり苦労しました。


-どんな風に飲むと効果的に水分補給ができるのですか?

まず、のどが渇く前に飲むというのは前提ですが、最近ではテニスをする前日の夜にしっかり飲むようにしています。ただ、先ほども言いましたがただの水分ではトイレで出てしまうので「グリセリンローディング」という方法を使用したものを飲んでいます。


-前日からの準備が大事ということですね。「グリセリンローディング」とはどんな効果があるのですか?

昨年から使っているのですが、グリセリンという栄養素が水分を引っ張る力を持っていて脱水を防いでくれるのです。汗やトイレの回数が少し減るのが実感できるくらい、無駄に排泄されません。


-夏だけじゃなくて普段でも使えそうですね?

砂糖も人工甘味料も使用していないので普段、カロリーを気にしている時でも使えるのが有難いんです。どうしてもウェイトコントロールなどするときは脱水になりやすいですからね。僕は冬のたくさん飲めない時期でも使っています。


果たして、飲み物を飲むタイミングや種類を変えるだけで、夏場の運動中の悩みを本当に解決することができるのだろうか。

そこで運動中の水分補給について特に水分補給系サプリメントの販売に力を入れている合同会社SUN・PLUS高野氏に話を伺った。


「よく、お水やお茶だけ飲んでいる方を見かけますが、それではすぐに排泄されやすくなります。

そこで、すぐに体外に排出されてしまわないようにするための水分補給方法の一つに日本では未だ馴染みの薄いグリセリンローディング法という方法があります。

この方法は【グリセリン】を水に溶かして摂取する方法で、効率的に【保水】する方法としてオリンピック選手らも使用していました。

グリセリンがお水を引っ張り込む性質を利用して体外に無駄に排泄されるのを防ぎます。

その結果、体が水で満たされるのでエネルギー効率が良くなったり、アミノ酸や電解質などの栄養素の働きが良くなって疲れにくくなったり、足がつりにくくなったりするという声が多数上がっています。

また、濃度が極端に濃いと逆効果になる場合もあるので自作される場合はとても注意が必要です。

市販のものは砂糖も使っておらず、甘くなく飲みやすいですし、低カロリーなのでとてもおすすめです。できるだけ、市販のものを使用しましょう。

このように水分はただ摂れば良いというわけではなく「適した量」「適した方法」で摂取することで熱中症、脱水症のリスクを大幅に回避するだけでなく、

パフォーマンスにも大きな影響をもたらすのです。」(SUN・PLUS/高野氏)

>>グリセリンローディングを用いたドリンクはコチラ<<

>>グリセリンローディングのメカニズムはコチラ<<


高野氏も強調するように水分はただ取ればいいというわけではなく、摂取する量やタイミングが重要である。

今年の夏、少しでも快適に楽しくテニスをするために効率的な水分補給法「グリセリンローディング」を試してみるのはいかがだろうか。

>>販売ページはコチラ<<


■関連ニュース■ 

・綿貫裕介 江原下し今季初V
・菊池 玄吾が優勝、綿貫裕介下す
・全日本 快進撃の綿貫兄弟がV
(2016年8月18日12時01分)

その他のニュース

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】ナダル 大歓声のなかフィリップシャトリエへ (0時00分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!