- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 3本のMP跳ね返し五輪4強

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)は12日、テニスの男子シングルス準々決勝が行われ、第4シードの錦織圭が3本のマッチポイントを跳ね返す猛攻で第6シードのG・モンフィス(フランス)を下して五輪初のベスト4進出を果たし、日本勢96年ぶりのメダル獲得に王手をかけた。

>>錦織vsモンフィス1ポイント速報<<

>>男子シングルス対戦表<<

この試合、セットカウント1−1からファイナルセットへ突入し、両者一歩も譲らずタイブレークへ。

そして、モンフィスの強打に押され0−4とリードを許した錦織は、3−6と3本のマッチポイントを握られる崖っぷちに立たされた。

しかし、1920年のアントワープ・オリンピック(ベルギー/アントワープ)で熊谷一弥が獲った男子シングルス・ダブルスの銀メダル以来96年ぶりのメダル獲得に燃える錦織は諦めず、果敢に攻め続けた。

すると、そのプレッシャーからか、モンフィスはダブルフォルトを犯して6−6に。

最後は流れが錦織に傾き、2時間53分の死闘に終止符が打たれた。スコアは7-6 (7-4), 4-6, 7-6 (8-6)だった。

試合後、安堵の表情を見せた錦織はモンフィスと握手を交わして健闘を称え合った。

今年のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)でも、モンフィスに5本のマッチポイントを握られたが、そこから勝利を手にしていた。

準決勝では2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)で金メダルを獲得した第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。

両者は今回が8度目の対戦で、過去は錦織の1勝6敗。

世界ランク2位のマレーは今シーズン好調で、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝、ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)では2013年以来3年ぶり2度目の地元優勝を果たしている。


【錦織vsマレー 過去の対戦成績】

<2016年>
デビスカップ A・マレー 7-5, 7-6 (8-6), 3-6, 4-6, 6-3 錦織圭


<2015年>
ロジャーズ・カップ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭

ムチュア・マドリッド・オープン準決勝 A・マレー 6-3, 6-4 錦織圭


<2014年>
ATPツアーファイナル予選 錦織圭 6-4, 6-4 A・マレー


<2013年>
ブリスベン国際準決勝 A・マレー 6-4, 2-0 途中棄権 錦織圭


<2012年>
全豪オープン準々決勝 A・マレー 6-3, 6-3, 6-1 錦織圭


<2011年>
上海マスターズ準決勝 A・マレー 6-3, 6-0 錦織圭






■関連ニュース■ 

・錦織 リオ五輪狙うは「金」
・錦織 五輪初戦でハプニング
・錦織 モンフィス戦「ほぼ諦めていた」
(2016年8月13日7時25分)

その他のニュース

2月21日

18歳の新星 ATP500初8強 (19時03分)

珍事 アウトと思い見送るもイン (16時14分)

チチパス8強 シャポバロフ敗退 (15時07分)

西岡 キリオス組撃破で複4強 (13時05分)

大坂についてTOP10が見解 (11時58分)

錦織らドバイ出場予定一覧 (10時35分)

ダニエル太郎 リオOP初戦突破 (7時55分)

2月20日

大坂破った世界67位敗退 (22時23分)

フェデラー マドリッド出場へ (20時20分)

大坂撃破 要因はサービス改善 (19時44分)

大坂 コーチ騒動で精神的な疲れ (17時01分)

デルポ復帰戦「タフだった」 (16時03分)

ダニエル優勢も雨で順延 (15時01分)

番狂わせ相次ぐ ティーム敗退 (13時21分)

大坂「悲惨」 練習不足明かす (12時50分)

モンフィス 手首負傷で棄権 (12時49分)

西岡 デルポにストレート負け (12時39分)

大坂なおみ撃破で大金星 (10時27分)

【1ポイント速報】西岡vsデル=ポトロ (9時09分)

ツォンガ逆転負け「難しい」 (8時44分)

大坂なおみ 初戦敗退の波乱 (1時41分)

【1ポイント速報】大坂vsムラデノヴィック (1時39分)

2月19日

デルポ復帰「自信を取り戻す」 (17時01分)

キリオス辛勝「うれしい」 (15時41分)

シモン 苦戦も初戦突破 (14時20分)

ジョコ 4度目の受賞「名誉」 (11時23分)

綿貫陽介 初戦突破ならず (10時09分)

大坂 ローレウス賞を受賞 (8時44分)

2月18日

錦織6位 18日付日本勢ランク (21時43分)

フェデラー ユニクロCMに登場 (19時55分)

ハレプ 契約せず1週間で別れ (18時09分)

大坂1位 2/18世界ランキング (15時03分)

21歳オペルカ 43本エースでV (14時33分)

大坂なおみ 金銭問題を否定 (12時29分)

大坂、新コーチに求める3つ (11時48分)

綿貫陽介 デルレイ本戦入り (11時26分)

錦織6位へ フェデラーは7位 (10時19分)

「幸せ」チェッキナートがV (9時08分)

モンフィスV「リズム変えた」 (8時03分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!