- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ控訴 判決リオ前

女子テニスで元世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)は14日、先週に国際テニス連盟(ITF)から下された2年間の出場停止処分を不服とする申し立てを、スイスのローザンヌに拠点を置くスポーツ調停裁判所(CAS)に控訴し、来月開催されるリオ・オリンピック前に判決が下される見込みとなった。

シャラポワはその申し立てで、ITFから下された処分の撤回や減刑を求めている。1月の全豪オープン期間中に受けたドーピング検査で、メルドニウムの陽性反応が出ていた。メルドニウムは今年の1月1日から新たに禁止薬物に指定された物質であるが、シャラポワは全豪オープンで全ての試合前にメルドニウムを服用していたことが分かっている。

CASが語ったところによると、両者は遅くとも7月18日には正式な処分が決まる迅速承認制度を了解している。もし今回の処分が否決されたら、8月5日から開催されるリオ・オリンピックにシャラポワは参加が可能となる。

CASは公聴会を開くかどうかはまだ決まってはいないと語っている。

グランドスラムで5度優勝しているシャラポワは、先週の時点で今回の処分に控訴する姿勢を見せていた。

ITFが選出した3人の陪審員の裁判によると、メルドニウムが禁止薬物に指定されたことを知らなかったために、故意に違反を犯したのではないことは認めながらも、今回の陽性反応に対して「唯一の義務」と「とても明らかな過ち」をシャラポワは負わなければならないとも語った。

そしてその陪審員は「パフォーマンスを向上する目的のために」その物質を服用したとする数々の要因があると述べていた。

シャラポワの顧問弁護士であるJ・ハガーティ弁護士は「マリア(シャラポワ)は、控訴に対するCASの公聴会を期待しており、再びコートへ復帰出来ると願っている。ITFの裁判が彼女が故意に違反行為を犯したのではないと判断していたことから、2年の出場停止処分は不当で厳し過ぎると感じている」と話した。

3月初旬にシャラポワ自身がロサンゼルスで開いた会見で、ドーピング検査の陽性反応が出たことを公にした直前から、暫定的に公式戦への出場を禁止された。その時は、世界反ドーピング機構が今年の1月1日からメルドネートとしても知られるメルドニウムを新たに禁止薬物に指定したことを知らなかったとも語っていた。

全豪オープン期間中のドーピング検査に加え、2月2日にモスクワで行った抜き打ち検査でも、シャラポワはメルドニウムの陽性反応が出たことをITFは公表していた。

29歳のシャラポワに今回の処分を実行されると、それは2018年1月25日に終了することになり、今年のオリンピックはもちろん8度のグランドスラムに出場出来ない計算となる。

シャラポワは、通常心臓疾患のために用いられるラトビアで製造されたこのメルドニウムを初めて処方されたのは2006年にさかのぼると語っていた。最悪の場合、シャラポワは最長4年の出場停止処分が下される可能性があった。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・シャラポワ 処分決定の裏側
・シャラポワ 2社と契約継続
・シャラポワ 出場停止に控訴
(2016年6月15日10時44分)

その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!