- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

八百長、調査はロンドンから

テニスの八百長に関する確かな証拠がないとの報告に答える形で、プロテニス界に関わる組織が独自の調査を行うためにテニス腐敗防止グループを設立することにしたと、その計画に詳しい人物が明らかにした。

>>全豪オープン対戦表<<

その人物は、テニス腐敗防止委員会が、現時点ではまだ調査について何も発表していないことから、匿名を条件として話していた。

公式な発言は全豪オープン会場で27日に行われる会見の席で明かされるようだ。

男子プロテニス協会(ATP)のC・カーモード会長、国際テニス連盟(ITF)のD・ハガーティ会長、ウィンブルドン大会委員会のP・ブルック委員長が、その会見へ出席する予定となっている。

その3人はテニス腐敗防止委員会の役員で、ブルックが現在の委員長を務めており、それはローテーションでの持ち回りとなっている。

計画に詳しい人物によると、調査はイギリスのロンドンから始められる。

先週から始まった今季最初のグランドスラムである全豪オープンは、大会初日にBBCとバズフィード・ニュースがあるレポートを公にした。

それはテニス関係機関がこの10年間でトップ50の選手10数名にかけられた八百長疑惑に対する調査を怠り、その証拠を隠滅していたとするものだった。選手の個人名は明かされていない。

それを受けて大会会場で急遽開かれた会合でカーモード会長は、八百長に関して調査をしなかったことを否定すると同時に、その証拠を隠滅したことも否定していた。そしてカーモード会長は、テニス腐敗防止委員会が腐敗行為に対しては常に慎重であり無頓着などにはならないとも加えていた。

テニス腐敗防止委員会は2008年から活動を始めており、ATP、ITFに加え女子プロテニス協会(WTA)とグランドスラム運営委員会の4つの組織がテニスというスポーツにおいて同じルールと同じペナルティを使用するために、腐敗防止規定を採用した時に設立された。

一年前、3人の選手がインターネットで試合に賭けをしたとして生涯出場停止処分を下された。その試合は、当時世界ランク4位だったN・ダビデンコ(ロシア)M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン)の試合に、インターネットを通して通常では考えられないほど異常な賭け金が課されたことで、その試合の賭けは無効にされていた。

(STATS - AP)

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・八百長で実名、本人達は否定
・ジョコ 八百長の誘いあった
・号泣、勝利目前からの惜敗
(2016年1月27日14時51分)

その他のニュース

7月17日

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

7月14日

ジョコ 死闘制し決勝進出 (23時34分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (23時28分)

97年ぶり快挙「意味がある」 (17時00分)

ワウリンカ WCで出場へ (16時41分)

上地 シングルス決勝進出ならず (13時59分)

6時間半制すも長時間に苦言 (11時02分)

史上2番目 6時間36分の死闘 (10時16分)

歴代最多タイ王手のセリーナ (10時01分)

ジョコ ナダルにリードで順延 (7時28分)

田島組4強「緊張しました」 (6時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsジョコ (6時47分)

97年ぶり快挙 死闘制し決勝へ (3時51分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!