- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退覚悟も予選から8強入り

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/ メルボルン、ハード)は25日、女子シングルス4回戦が行われ、予選を勝ち上がったZ・シュアイ(中国)M・キーズ(アメリカ)を3-6, 6-3, 6-3の逆転で下し、準々決勝へ進出する快進撃を見せた。

>>全豪オープン対戦表<<

世界ランク133位のシュアイは予選3回戦で、V・ラッツァーノ(フランス)にサービング・フォー・マッチの崖っぷちから本戦入りを決めていた。あの試合で負けていたら、そのまま中国へ帰るつもりだった。

昨年は不振が続き、全米オープンの予選敗退を喫した時は引退も考えていた。そして、今回の全豪オープンを現役最後の大会になるかもしれないとの想いで臨んでいたシュアイは1回戦で第2シードのS・ハレプ(ルーマニア)を下し、その勝利に涙していた。

昨シーズン、同大会で準決勝進出を果たしたキーズは、第1セットでシュアイを圧倒するパワーでそのセットを先取。

しかし、徐々にキーズは体に痛みを感じ始めた。第2セットの序盤ではトレーナーを要求してメディカル・タイムアウトをとり、左太ももにテーピングを施す処置をした。それでも試合が進むにつれて痛みは増すばかりだった。

キーズは後に試合を続けたことについて「1つ目は棄権するのは嫌いだった。2つ目は必死に準々決勝進出をしようとしている人に対して、そんなことはしたくなかった。」とその時の気持ちを明かしていた。

勝敗を決めるファイナルセットでは、キーズが第3ゲームでシュアイからブレークし、ゲームカウント2-1とリードしたが、その直後に再びトレーナーを呼び再度太ももの治療を受けた。その後は足に力が入らずボールも追えなくなり、シュアイに逆転を許し、勝利の女神は微笑んではくれなかった。そしてキーズは涙ながらにコートを去っていった。

シュアイは「彼女(キーズ)が痛みを感じながらプレーしている姿を見ていると、集中するのがとても難しかった。試合を続けるのは本当に大変だった。」と試合後のインタビューで答えていた。

そんなシュアイは、ここまでのテニス人生最大の舞台で勝利を掴むことにプレッシャーを感じていたのも事実だった。

「2ポイント続けて彼女がプレー出来ないだろうと感じても、次のポイントをサービスエースとウィナーであっという間に取られてしまった。とても厳しい試合だった。何が起こるか全く分からなかった。」と試合を振り返った。

27歳のシュアイが初めてグランドスラムの本戦に出場したのは2008年のこと。それからというもの、今大会まで14度の出場で一度も1回戦を突破したことがなかった。そして、昨年はランキングも落としてしまうような不振に悩まされていた。この全豪オープンが、もしかしたら最後の大会になるかもしれないという想いで臨んでいた。

準々決勝では、同じく快進撃を続けているJ・コンタ(英国)と顔を合わせる。シュアイは度々コンタと一緒に練習する間柄。

グランドスラムでの勝利を長年待ち望んでいたシュアイは「今回の勝利は神様からの贈り物だと感じている。いつか、たくさんの勝利をくれるのではと思っていた。」と夢のような現実を受け止めきれずにいた。

もちろん、引退はまだ先へと延びることになるだろうが、それでもテニス人生の次のことも頭にはある。「珈琲ショップを開きたい。引退したら、お店を開くのでみなさん来てくださいね。」とおどけて見せていた。

(STATS - AP)

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<






■関連ニュース■ 

・快進撃 世界133位が金星で8強
・号泣、勝利目前からの惜敗
・錦織、王者ジョコより有利か
(2016年1月26日12時12分)

その他のニュース

5月31日

錦織圭 途中棄権も「収穫すごくあった」 (4時48分)

錦織圭 肩負傷で途中棄権「痛み増した」 (3時46分)

錦織圭 肩負傷で全仏OP2回戦を途中棄権 (3時15分)

【1ポイント速報】錦織圭vsシェルトン (1時00分)

5月30日

内島萌夏「すごく差があった」 (23時48分)

大坂なおみを世界2位が賞賛 (22時08分)

メド 相手棄権で全仏OP3回戦進出 (20時57分)

内島萌夏 世界2位に屈し全仏OP2回戦敗退 (20時11分)

【1ポイント速報】内島萌夏vsサバレンカ (19時04分)

2回戦敗退も少女にラケット贈る (19時00分)

ボールボーイ勘違いでやり直しの珍事 (12時07分)

大坂なおみ「多くのことを達成できる」 (10時45分)

アルカラス 苦戦も全仏OP3回戦へ (9時38分)

異例の忠告、女王が観客に苦言 (8時26分)

女王辛勝、大坂なおみに「驚いた」 (6時38分)

大坂なおみ 惜敗に涙も「最悪ではない」 (5時20分)

大坂なおみ 女王に屈し全仏OP2回戦敗退 (3時34分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsシフィオンテク (0時22分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天順延 (0時21分)

5月29日

チチパス「あまり機会がない」 (22時31分)

錦織圭 全仏OP2回戦は雨天中断 (19時57分)

カップルで混合出場「私はあまり走らなくていい」 (13時55分)

坂本怜 ジュニア世界ランク1位に浮上 (12時51分)

ジョコ、ナダル戦に言及「負けはしたけど…」 (11時40分)

連覇かかるジョコ 初戦突破「まだ始まったばかり」 (10時06分)

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

【動画】シナーvsガスケ 全仏OP2回戦のハイライト! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!