- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達 8年連続出場ならず

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は14日、女子シングルス予選1回戦が行われ、世界ランク182位のクルム伊達公子(日本)は同165位のA・ヘッセ(フランス)に2-6, 7-6 (7-3), 4-6のフルセットの末に敗れ、シングルス8年連続の本戦出場とはならなかった。

この試合、ファーストサービスが入った時のポイント獲得率が55パーセントにとどまり、3度のブレークを許して第1セットを落としてしまう。

第2セットに入ると試合の流れが変わり、両者2度のブレークからタイブレークに突入。このセットを取ったクルム伊達はファイナルセットでも先にブレーク成功。試合の主導権を掴んだかに思われたが、そこから2度のブレークを許して2時間9分で予選1回戦敗退となった。

クルム伊達はこれまで全豪オープンのシングルスに2009年から7年連続で出場していたが、今年の本戦出場は叶わなかった。

また、同日に行われた試合では、日比万葉(日本)が世界ランク198位のJ・ボズラップ、江口実沙(日本)が予選第1シードで同101位のワン・チャン(中国)穂積絵莉(日本)が予選第16シードで同128位のJ・グラスコ(イスラエル)にそれぞれ敗れ、予選1回戦敗退となった。予選を3試合勝ち抜くと、本戦への出場権を手にする。

日比野菜緒(日本)土居美咲(日本)奈良くるみ(日本)は本戦からの出場となる。






■関連ニュース■ 

・全豪予選、日本女子は8選手
・クルム伊達、リシキ撃破
・伊達 今季は「怪我に悩んだ」
(2016年1月14日17時33分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!