- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊達 今季は「怪我に悩んだ」

女子テニスで世界ランク4位まで上りつめたクルム伊達公子(日本)が、現在愛知県の豊田市で行われている下部大会のダンロップ・ワールド・チャレンジ女子を怪我により欠場し、23日に自身の公式ブログで心境を綴った。

「2015年最後の大会、どうするかギリギリまで悩みました。」とクルム伊達。

昨年の同大会では準決勝でクルム伊達が途中棄権となり、決勝進出を逃すもベスト4進出を果たしていた。

しかし「自分を納得させて欠場の判断をしました。」と綴るように、今年は怪我により棄権を余儀なくされた。

「豊田を欠場したことで2015年もシーズンを終えました。シーズンオフに入りました。この3日は膝がきつすぎて夜中も痛くて寝れなかったり、寝返りのたびにピキピキ痛みを感じてしまうほどでした。」

「2015年シーズンは怪我に悩まされ続けたシーズンでした。左右股関節滑液包炎、左肘、右肩、左臀部、左膝。もう治らないかも・・・と思うことが幾度もあり、激痛にも耐えやっと乗り越えたのに、最後に膝。これだけ怪我に悩まされたこともないです。」と、今季を振り返ったクルム伊達。

今年は、怪我に悩まされながらも7月のフューチャーズではベスト4進出を果たし、8月のバンク・オブ・ウエスト・クラシック1回戦では当時世界ランク24位のS・リシキ(ドイツ)を逆転で下して2回戦進出を決めると同時に、今季ツアー初勝利をあげていた。

最後には「オフシーズンに入った今、まわりの筋力を上げるのはもちろんの事、台北で悪化していないのか診てもらってきます。」と来年に向けて、コンディションを整えることを綴っていた。






■関連ニュース■ 

・クルム伊達 涙の途中棄権
・クルム伊達、土居撃破
・伊達&元全仏女王 大逆転勝利
(2015年11月25日18時33分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!