- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織ペア ディミは2時間超え

男子テニスツアーのシーズン開幕戦であるブリスベン国際男子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)は4日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク28位のG・ディミトロフ(ブルガリア)が同15位で第5シードのG・シモン(フランス)を6-3, 7-6 (12-10)のストレートで下し、2回戦進出を果たした。

>>ブリスベン国際男子 対戦表<<

両者は今回が5度目の顔合わせで、2012年のロンドン五輪以来 約3年ぶりの対戦だった。今回の勝利で対戦成績はディミトロフから1勝4敗となり、シモンから初勝利を飾った。

この試合の第1セット、ディミトロフはファーストサービスの確率を43パーセントと落とすも、ファーストサービスが入った13本中12本をポイントにつなげた。そして、シモンに3度のブレークチャンスを与えるも全てしのぎ、自身は1度のチャンスをものにしてこのセットを先取。

続く第2セットでは、シモンに先にブレークを許すもすぐにブレークバックに成功。その後は接戦が続いてタイブレークに突入し、6−3でディミトロフがマッチポイントを握る。しかし、シモンに挽回されて6−6となり、どちらも譲らず白熱した展開となるが、最後はディミトロフが押し切り2時間5分で勝利した。

2回戦では、V・トロイキ(セルビア)S・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

今大会のダブルスには錦織圭(日本)とペアを組み、初戦を突破している。

現在24歳のディミトロフはキャリア通算4勝をあげており、2014年8月に記録した世界ランク8位が自己最高位となっている。

以前はフォームやプレースタイルがBIG4の一角であるR・フェデラー(スイス)と似ていることから「ベビー・フェデラー」と呼ばれ、多くの期待が寄せられていた。

2014年には3度の優勝を飾り、ウィンブルドンでは四大大会初のベスト4入りを果たすなど活躍を見せたが、昨年は大きな結果を残せず世界ランクを落としてしまった。

過去のブリスベン国際男子では2013年に準優勝を飾っており、昨年は準決勝でフェデラーに敗れるも4強入りを果たした。

一方、敗れたシモンは現在31歳で元世界ランク6位の実力者。キャリア通算では12大会で優勝を飾っている。ベースラインからのラリー戦、さらに強烈なカウンターショットと俊敏なフットワークを武器とする。

昨年のブリスベン国際男子でも1回戦でJ・ダックワース(オーストラリア)にストレートで敗れており、2年連続の初戦敗退となった。






■関連ニュース■ 

・フェデラー ディミトロフ称賛
・決断ディミトロフ「解消する」
・破局? シャラポワ・ディミ
(2016年1月4日14時03分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!