- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

モヤ 錦織を絶賛「素晴らしい」

テニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)の日本ラウンド(日本/神戸、ハード)は4日、シンガポール・スラマーズとインディアン・エーシーズのレジェンドシングルスで、F・サントロ(フランス)を6−5 (7−6)で下した元世界ランク1位のC・モヤ(スペイン)が、日本のエース錦織圭を絶賛した。

>>IPTL対戦カード<<

「今日の試合はとても良かったと思う。」と話すモヤはサントロと接戦を繰り広げ、どちらが勝ってもおかしくない試合内容の中、最後はサントロのダブルフォルトでレジェンド対決に幕が下りた。

「調子も上がってきていたし、今日の試合は自分の中でも満足の内容だった。ただ、内容的には竸っていて、負けてもおかしくなかったと思う。重要なポイントが取れたのが良い結果につながった。」と振り返っていた。

ジャパン・ウォリアーズに所属する錦織については「とても良い選手であることは間違いない。私自身も彼(錦織)のテニスを見るのがすごく好きだし、動き方・プレーは素晴らしいと思う。」

「トップ10に入って2年目だけど、このまま順調にいけばトップ10に残ることが出来る選手だし、まだ若い。必ずグランドスラムを獲るチャンスが出てくると思う。彼のテニスは武器もあるし、とにかく動きが良い。」と絶賛していた。

また、今大会については「内容もエキサイティングだし、沢山のお客さんも来ていて楽しんでいるように感じる。今の現役選手たちと触れ合える機会もなかなかないし、そういった新しい力というか、選手を見ることが出来て良い。」

「しかも彼らが一生懸命やっていて、楽しみながら全力を尽くしているのを見ると、とても良いなと思う。団体戦の雰囲気は見ていても楽しいと思うし、選手たちも楽しんでいる。ルールが違うけど、観客をもっと引き込めるようなルールになっている。」と話していた。

>>IPTL オフィシャル・カードセット発売開始!<<

IPTLでは1試合6ゲーム先取の特殊なルールで行われる。ゲームカウント5−5になった際はシュートアウト(7点先取のタイブレーク方式)を適用。男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、男子レジェンドシングルスの1セットマッチを行い、5試合の獲得ゲーム数が多いチームの勝利となる。

勝利したチームは4ポイントを獲得、敗れたチームは試合の獲得ゲーム数が20ゲーム以上なら2ポイント、10ゲーム以上なら1ポイント、10ゲーム未満なら0ポイント獲得となり、4節を終え獲得ポイントが高い上位2チームが決勝で優勝を争う。

IPTLは日本から始まり、フィリピン、インド、アラブ首長国連邦、シンガポールへと会場を移し、12月20日まで行われる。また、WOWOWではIPTLの全日程を生放送する。

試合の対戦結果は以下の通り。

【シンガポール・スラマーズ vs インディアン・エーシーズ 22−27】

1.レジェンドシングルス
C・モヤ 6-5 (7-6) F・サントロ

2.女子シングルス
Ka・プリスコバ(チェコ共和国) 6-4 S・ストーサー(オーストラリア)

3.男子ダブルス
M・メロ(ブラジル)/ D・ブラウン(ドイツ)組 4-6 I・ドディグ(クロアチア)/ R・ボパンナ(インド)

4.ミックスダブルス
B・ベンチッチ(スイス)/ M・メロ組 3-6 S・ミルザ(インド)/ R・ボパンナ組

5.男子シングルス
N・キリオス(オーストラリア) 3-6 I・ドディグ






■関連ニュース■ 

・錦織 レジェンド達から太鼓判
・イバニセビッチ「錦織GS優勝」
・IPTL サフィンが錦織を評価
(2015年12月6日19時01分)

その他のニュース

11月23日

デ杯決勝 組み合わせ発表 (21時54分)

錦織「いつも感謝しています」 (20時52分)

アザレンカ 来年1月に復帰 (19時21分)

元女王、第1子妊娠を報告 (17時47分)

伊藤竜馬 ホアヒンCH8強 (17時32分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬 2回戦 (17時22分)

添田豪、逆転勝ちで8強 (15時55分)

穂積 全豪8強に健闘も敗れる (13時15分)

土居美咲 ベスト8進出ならず (12時08分)

内山靖崇「今までで一番」 (11時00分)

デ杯決勝 24日にスタート (9時50分)

ドリームテニス 組み合わせ発表 (7時33分)

11月22日

マクラクラン/内山組 初戦敗退 (21時57分)

錦織帰国 週末は有明に登場 (20時53分)

【1ポイント速報】マクラクラン/内山組 1回戦 (20時52分)

伊達公子 特別モデルを限定発売 (19時03分)

20歳高橋悠介 初戦突破ならず (17時44分)

テニス新ルール GS16シードに (16時53分)

伊藤竜馬 接戦制し初戦突破 (16時15分)

添田豪 逆転勝ちで2回戦進出 (15時30分)

錦織 連続1位、高い人気健在 (11時11分)

尾崎里紗は完敗 わずか53分 (10時24分)

土居美咲 逆転勝ちで連敗止める (8時28分)

11月21日

関東初オープン テニスラウンジ (21時16分)

ジョコら復帰戦 ドロー発表 (21時01分)

穂積 日本人対決制し初戦突破 (19時41分)

マクラクラン/内山組 雨で順延 (19時04分)

【順延】マクラクラン/内山組 (18時27分)

【順延】伊藤竜馬ら1回戦 (18時26分)

今季男子テニス界の動向と今後 (17時54分)

大坂なおみら 日本勢女子ランク (15時13分)

ノボトナの死 選手ら惜しむ声 (11時26分)

錦織22位 日本勢世界ランク (7時59分)

11月20日

穂積絵莉コラボジュエリー発売 (22時02分)

元世界2位ノボトナ死去 (20時32分)

快進撃ソックがキャリアハイ (19時42分)

マクラクラン/内山組が最高位 (17時53分)

準Vゴファン「誇りに思う」 (16時54分)

最終戦Vに涙 苦しい時期明かす (15時23分)

ベッカム ATP最終戦を観戦 (12時47分)

初Vディミトロフ 世界3位へ (11時32分)

ゴファン 今季は「最高だった」 (10時38分)

ディミトロフ「本当に光栄」 (7時52分)

ディミトロフ 最終戦初V (5時46分)

【1ポイント速報】ATP最終戦決勝 (5時45分)

最終戦複 第2シード組が2連覇 (2時28分)

第1シード 圧勝でタイトル獲得 (0時33分)

前週のリベンジ果たしV (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!