- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

モヤ 錦織を絶賛「素晴らしい」

テニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(通称IPTL)の日本ラウンド(日本/神戸、ハード)は4日、シンガポール・スラマーズとインディアン・エーシーズのレジェンドシングルスで、F・サントロ(フランス)を6-5 (7-6)で下した元世界ランク1位のC・モヤ(スペイン)が、日本のエース錦織圭を絶賛した。

>>IPTL対戦カード<<

「今日の試合はとても良かったと思う。」と話すモヤはサントロと接戦を繰り広げ、どちらが勝ってもおかしくない試合内容の中、最後はサントロのダブルフォルトでレジェンド対決に幕が下りた。

「調子も上がってきていたし、今日の試合は自分の中でも満足の内容だった。ただ、内容的には竸っていて、負けてもおかしくなかったと思う。重要なポイントが取れたのが良い結果につながった。」と振り返っていた。

ジャパン・ウォリアーズに所属する錦織については「とても良い選手であることは間違いない。私自身も彼(錦織)のテニスを見るのがすごく好きだし、動き方・プレーは素晴らしいと思う。」

「トップ10に入って2年目だけど、このまま順調にいけばトップ10に残ることが出来る選手だし、まだ若い。必ずグランドスラムを獲るチャンスが出てくると思う。彼のテニスは武器もあるし、とにかく動きが良い。」と絶賛していた。

また、今大会については「内容もエキサイティングだし、沢山のお客さんも来ていて楽しんでいるように感じる。今の現役選手たちと触れ合える機会もなかなかないし、そういった新しい力というか、選手を見ることが出来て良い。」

「しかも彼らが一生懸命やっていて、楽しみながら全力を尽くしているのを見ると、とても良いなと思う。団体戦の雰囲気は見ていても楽しいと思うし、選手たちも楽しんでいる。ルールが違うけど、観客をもっと引き込めるようなルールになっている。」と話していた。

>>IPTL オフィシャル・カードセット発売開始!<<

IPTLでは1試合6ゲーム先取の特殊なルールで行われる。ゲームカウント5-5になった際はシュートアウト(7点先取のタイブレーク方式)を適用。男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、男子レジェンドシングルスの1セットマッチを行い、5試合の獲得ゲーム数が多いチームの勝利となる。

勝利したチームは4ポイントを獲得、敗れたチームは試合の獲得ゲーム数が20ゲーム以上なら2ポイント、10ゲーム以上なら1ポイント、10ゲーム未満なら0ポイント獲得となり、4節を終え獲得ポイントが高い上位2チームが決勝で優勝を争う。

IPTLは日本から始まり、フィリピン、インド、アラブ首長国連邦、シンガポールへと会場を移し、12月20日まで行われる。また、WOWOWではIPTLの全日程を生放送する。

試合の対戦結果は以下の通り。

【シンガポール・スラマーズ vs インディアン・エーシーズ 22-27】

1.レジェンドシングルス
C・モヤ 6-5 (7-6) F・サントロ

2.女子シングルス
Ka・プリスコバ(チェコ共和国) 6-4 S・ストーサー(オーストラリア)

3.男子ダブルス
M・メロ(ブラジル)/ D・ブラウン(ドイツ)組 4-6 I・ドディグ(クロアチア)/ R・ボパンナ(インド)

4.ミックスダブルス
B・ベンチッチ(スイス)/ M・メロ組 3-6 S・ミルザ(インド)/ R・ボパンナ組

5.男子シングルス
N・キリオス(オーストラリア) 3-6 I・ドディグ






■関連ニュース■ 

・錦織 レジェンド達から太鼓判
・イバニセビッチ「錦織GS優勝」
・IPTL サフィンが錦織を評価
(2015年12月6日19時01分)

その他のニュース

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】ティアフォーが転倒した場面(9:18~) (0時00分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!