- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

現役引退「素晴らしい選手」

男子テニスツアーのイフ・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、ハード)は21日、シングルス1回戦が行われ、主催者推薦枠で出場のJ・ニエミネン(フィンランド)が元世界ランク9位のN・アルマグロ(スペイン)に6-3, 6-7 (6-8), 4-6の逆転で敗れた。この結果、ニエミネンのプロ選手として現役最後の試合に幕を閉じた。

この試合、第1セットを先取したニエミネンであったが、第2セットのタイブレークを6-8で落としてから流れが傾き、ペースを掴んだアルマグロから1度もブレークチャンスを掴めず2時間8分で敗れた。

試合後、ニエミネンの公式フェイスブックで「彼のプロ選手としての素晴らしい経歴を飾る最後の試合をした。彼は素晴らしい選手だった!」と、チームスタッフが投稿していた。

今季中に引退することを表明していた34歳のニエミネン。2006年7月に記録した世界ランク13位が自己最高位で、キャリア通算2勝をあげている。グランドスラムでは、2005年全米オープン、2006年ウィンブルドン、2008年全豪オープンでのベスト8が最高となっている。

2006年には手首の手術を受けて3ヶ月間のツアーからの離脱。下部大会であるチャレンジャーにも出場していた。

今年のウィンブルドンでは、1回戦でL・ヒューイット(オーストラリア)にフルセットの末に勝利して2回戦へ進出した。ヒューイットも来年1月の全豪オープンで引退を表明している。

今後ニエミネンは11月に行われるイベントに出場予定となっており、世界ランク3位のR・フェデラー(スイス)と対戦。これがニエミネンの最後を飾る試合となる。


■関連ニュース■ 

・ヒューイット 最後は観客総立ち
・ジョコ 全英去る33歳に完勝
・フェデラーら 引退惜しむ声
(2015年10月21日15時16分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!