- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー勝利、脱帽プレー

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は7日、男子シングルス4回戦が行われ、7年ぶり6度目のタイトル獲得を狙う第2シードのR・フェデラー(スイス)が第13シードのJ・イズナー(アメリカ)を7-6 (7-0), 7-6 (8-6), 7-5のストレートで下し、四大大会では46度目のベスト8進出を決めた。

>>全米オープン対戦表<<

両者は今回が6度目の対戦となり、フェデラーはイズナーとの対戦成績を5勝1敗とした。

フェデラーはこの試合、イズナーの足を止めるドロップショット、ブレークのピンチを迎えた時はコースをついたサービスなどで貫録を見せつけ、第3セット最後のゲームでブレークに成功してストレートで勝利を決めた。

また、第2セットのタイブレークでは勝負どころでリターンエースを決め、イズナーを脱帽させるプレーを披露した。

準々決勝では第12シードのR・ガスケ(フランス)と対戦する。

世界ランク2位のフェデラーは、過去同大会で2004年から2008年まで5連覇を達成している。

今大会は1回戦でL・マイェール(アルゼンチン)、2回戦でS・ダルシス(ベルギー)、3回戦で第29シードのP・コールシュライバー(ドイツ)をそれぞれストレートで下し、ここまで順当に勝ち上がってきた。

一方、イズナーは今回のアメリカのハードコートシーズンでは、アトランタで大会3連覇達成、シティ・オープンでは決勝で錦織圭(日本)に敗れるも準優勝を飾っている。

さらにマスターズ大会では、モントリオールで8強入りを果たすも、シンシナティは1回戦で同胞のS・クエリー(アメリカ)に敗れて初戦で姿を消していた。

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・フェデラー 新戦術誕生の秘話
・フェデラーの驚異語るジョコ
・イズナー 錦織を「世界トップ」
(2015年9月8日13時07分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!