- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

スタン激怒 キリオスは罰金

男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード)は12日に行われたシングルス2回戦で、第3シードのS・ワウリンカ(スイス)N・キリオス(オーストラリア)と対戦し、7-6 (10-8), 3-6, 0-4の時点で途中棄権を申し入れ敗退した。この試合ではキリオスの発言に対して罰金が科されることが決まった。

男子プロテニス協会のATPは、キリオスが試合中にワウリンカに対して侮辱的な発言があったことを認め、金額は明かされてはいないものの罰金を科したことを明らかにした。詳細はキリオス本人に通告してから発表するとしている。

ワウリンカは木曜日に自身のツイッターで協会へ素早い行動を起こすよう要求するコメントしていた。

水曜日の夜に行われたその試合で、コートサイドに設置されたマイクがキリオスの発言を拾っていた。キリオスは同胞のT・コキナキス(オーストラリア)がワウリンカのガールフレンドと言われている女子選手と関係を持ったとワウリンカに告げていた。

ワウリンカはツイッターで「こんな言動はコート上でも外でも必要のないもの。ATPはこんなことを許すようなことがあってはならない。」と、つぶやいていた。

20歳のキリオスの発言をワウリンカは「受け入れがたいだけではなく、信じがたいこと」としている。

キリオスは自身の公式フェイスブックで謝罪をしていた。

「自分が発してしまったコメントは、ヒートアップしていた瞬間のもので、どんな状況でもあってはならないものだった。自分の行動は全て自分に責任があり、今回のことはとても後悔している。」と、自身の気持ちを綴っていた。

ATPのルールブックには、暴言を吐いたり、スポーツマンらしからぬ行為に対しては、最大1万ドル(約124万円)までの罰金が許されている。

30歳で現在世界ランク5位のワウリンカは、4月に離婚したことを公にしていた。妻との間には娘が1人いる。その後は女子プロテニス選手で世界ランク127位の19歳D・ヴェキッチ(クロアチア)との交際が伝えられていた。

世界ランク76位でヴェキッチと同じ19歳のコキナキスは、2014年の全豪オープンでヴェキッチとペアを組んでミックスダブルスに出場していた。

ワウリンカは第3セットでキリオスに0−4とリードを許した時点で、腰の怪我を理由に棄権を申し入れて敗退している。

試合後に行われたオンコート・インタビューでキリオスは、ワウリンカが自分を挑発してきたと語った。

「彼(ワウリンカ)が自分に対して段々むかつくようなことを言ってきたから、自分でも分からないけど、とっさに出てしまったものだった。本当に分からないが、ただ言ってしまったんだ。」とコメントしていた。

ワウリンカのコーチであるM・ノーマン(スウェーデン)も、ここ数週間批難されることが多かったキリオスの今回の行いに対して批判していた。

「キリオスは本当に低俗だった。周りの人間が1つや2つ今夜のことについて教えてくれることを願うよ。とても良からぬことさ。」と、自身のツイッターに記していた。

今季3度目のグランドスラムであるウィンブルドンでキリオスは4回戦でR・ガスケ(フランス)に敗れたが、その試合中にキリオスは観客からブーイングを浴びる場面があった。

第2セットでキリオスは、主審と口論になったその後再開された第3ゲームのガスケのサービスゲームでは、明らかにキリオスはリターンをしようとしなかったプレーが見受けられたからだ。

この出来事を受けて、地元オーストラリアのかつての偉大な水泳選手だったD・フレイザーが、キリオスの人間性を問う発言をすると同時に、キリオスは国を出て両親が生まれた国へ戻るべきだと発言していた。

オーストラリアで生まれたものの、父親はギリシャ、母親はマレーシアの出身であるキリオスはのちにツイッターで、フレイザーは人種差別主義者だと批判していた。その後フレイザーは謝罪をしていた。

(STATS - AP)

>>ロジャーズ・カップ対戦表<<

adidas

BURN


■関連ニュース■ 

・暴れん坊キリオスが大荒れ
・問題児キリオスに非難続出
・大暴れ ラケット破壊キリオス
(2015年8月14日9時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月24日

ズベレフ 世界92位を称賛 (12時51分)

カナダ勢の若手で明暗分かれる (12時07分)

錦織ら全仏OP組み合わせ発表 (4時07分)

大坂ら全仏OP組み合わせ発表 (3時47分)

全仏予選 日比野と奈良が王手 (0時30分)

5月23日

ダニエル太郎 今季初4強ならず (21時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsジャリー (20時22分)

錦織 全仏向けチチパスと練習 (19時58分)

ドルゴポロフ 復帰の可能性 (18時59分)

全仏OP 賞金総額は52億円 (17時04分)

ツォンガ ピンチ切り抜け8強 (14時41分)

全仏欠場 ベルディヒ「残念」 (12時05分)

ワウリンカらシード初戦敗退 (10時45分)

添田豪、全仏OP本戦へ王手 (7時39分)

5月22日

ダニエル太郎 今季2度目8強 (22時43分)

錦織 ベルダスコと打ち合う (20時55分)

大坂 全仏へ向け初練習 (18時45分)

錦織0-15からブレーク率3位 (17時03分)

サーシャ・バイン氏 ナダル称賛 (16時10分)

オジェ アリアシム「気分いい」 (13時53分)

予選からのディミトロフは敗退 (12時32分)

ATPカップ詳細 2020年開催 (11時51分)

ズベレフ、ガルビス破る (7時19分)

全仏OP予選 日比野らが勝利 (6時39分)

5月21日

マレー「複プレーできるだろう」 (20時27分)

全仏予選2日目、日本勢男子結果 (20時26分)

錦織、全仏へ向け現地初練習 (19時07分)

錦織7位 日本勢の世界ランク (17時05分)

ティプサレビッチ 2回戦へ (16時24分)

騒動キリオス 次はクレー批判 (13時41分)

MP2本しのぎ世界199位撃破 (11時44分)

錦織8位 20日付最終戦ランク (10時34分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!