- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 マスターズ初制覇狙う

10日から開幕する男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/モントリオール、ハード)にマスターズ大会初制覇を狙う世界ランク4位の錦織圭(日本)は第4シードで出場する。今大会は上位8シードが1回戦免除のため、2回戦からの登場。

9日、錦織はシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード)で今季3度目の優勝、キャリア通算10勝目をあげた。さらに大会後に発表された世界ランキングでは今年の4月以来 約4カ月ぶりに自己最高タイの4位へ返り咲いた。

昨年のロジャーズ・カップは怪我により欠場している。また、マスターズでは未だ優勝経験がなく、今大会では初のマスターズ優勝を狙う。錦織のマスターズ自己最高成績は2014年のマドリッド・マスターズ決勝進出。その時はR・ナダル(スペイン)と対戦するも怪我により途中棄権し、準優勝に終わった。

今大会で錦織はBIG4の一角であるナダルと同ブロックに位置しており、両者が勝ち進むと準々決勝で対戦する組合せ。ナダルとは相性が悪く、過去7連敗している。

初戦となる2回戦では世界ランク48位のP・アンドゥハル(スペイン)と同257位のF・ダンチェビッチ(カナダ)の勝者と対戦する。

今大会の第1シードはN・ジョコビッチ(セルビア)、第2シードはA・マレー(英国)、第3シードはS・ワウリンカ(スイス)、第4シードは錦織、第5シードはT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第6シードはM・チリッチ(クロアチア)、第7シードはナダル、第8シードはM・ラオニチ(カナダ)となっている。世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)は欠場。

また、9日には本戦出場をかけた予選最終ラウンド7試合が行われ、A・ドルゴポロフ(ウクライナ)M・ユーズニー(ロシア)E・ガルビス(ラトビア)D・クドラ(アメリカ)ルー・イェンスン(台湾)D・ヤング(アメリカ)H・チャン(韓国)が本戦入りを決めた。

昨年のロジャーズ・カップの優勝はJW・ツォンガ(フランス)、準優勝はフェデラーとなっている。

>>ロジャーズ・カップ対戦表<<

NIKE

BURN


■関連ニュース■ 

・錦織 世界4位へ返り咲き
・通算V10錦織「嬉しい」
・フェデラー1位 錦織は17位に
(2015年8月10日16時12分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!