- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

逮捕トミックが後半で圧倒

男子テニスツアーのクラロ・オープン・コロンビア(コロンビア/ボゴタ、ハード)は23日、男子シングルス2回戦が行われ、第2シードのB・トミック(オーストラリア)が世界ランク116位のA・メナンデス=マセイラ−ス(スペイン)に6-7 (5-7), 6-2, 6-4の逆転で勝利してベスト8進出。大会2連覇へ向けて駒を進めた。

この試合の第1セット、トミックは2度のブレークに成功するも、メナンデス=マセイラ−スに与えた2度のブレークチャンスを防げず、タイブレークに突入する。両者一歩も譲らない展開となったが、メナンデス=マセイラ−スにリードを許したトミックは、カウント5-7でこのセットを落としてしまう。

しかし、その後は流れを掴んだトミックが第2・3セットとメナンデス=マセイラ−スに1度もブレークチャンスを与えない試合を展開し、1時間55分で勝利した。

準々決勝では、ツアー初のベスト4進出を狙う世界ランク105位の伊藤竜馬(日本)と対戦する。

世界ランク29位のトミックは、昨年の同大会決勝でI・カルロビッチ(クロアチア)を破ってツアー2勝目をあげた。今大会では2連覇へ向けて勝ち進んでいる。

また、22歳のトミックは気性が荒いことでも知られている。ランキング上ではオーストラリア・ナンバー1選手であるため、デビスカップ準々決勝に出場する予定であったが、オーストラリアのテニス協会と争論になり出場を取り消された。

更に、先日アメリカ・フロリダ州マイアミビーチのホテルで騒音被害を起こしたため警察に逮捕された。原因は部屋で大音量の音楽をかけ、警察からの強制退去を拒否したためだった。

今大会のシード勢では、トミックの他に第1シードのI・カルロビッチ、第3シードのA・マンナリノ(フランス)、第4シードのV・エストレージャ=ブルゴス(ドミニカ共和国)、第7シードのM・ジャジーリ(チュニジア)が順当に準々決勝に進出。第6シードのS・グロス(オーストラリア)は2回戦でR・シュティエパネック(チェコ共和国)に敗れて8強入りを逃している。



中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・トミック逮捕 軽犯罪法違反
・懲役か トラブル頻繁トミック
・伊藤 竜馬 ツアー初4強目前


■最新ニュース■ 

・フェデラー1位 錦織は17位に
・奈良反撃ならず シード勢敗退
・ゴファン まさかの初戦敗退
(2015年7月24日14時53分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!