- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

前川隼が関西制しスペインへ

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する〜Road To Spain チャレンジカップ〜の関西大会が7月18日・19日の2日間、大阪体育大学で開催され、第2シードの前川隼(神戸学院大)が第1シードの中西聖也(サリュートテニス専門学院)を6-3, 6-4で下し、栄冠を掴んだ。

大会2日目の19日は、午前10時から準々決勝の4試合が同時にスタートし、その後決勝まで行われた。

第1シードの中西聖也(サリュートテニス専門学院)は準々決勝で栗山拓也(柳川高)を8-3で下し、準決勝では柿本陽輝(大阪体育大)と対戦。柿本は3回戦で昨年4強の矢多弘樹(関西大)を、準々決勝では保々皓祐(近畿大)に勝利しての勝ち上がり。
中西は柿本に対して強烈なサーブで主導権を握り8-3で勝利、決勝へ駒を進める。

roadtospainチャレンジカップ
第1シードの中西聖也

一方、第2シードの前川隼(神戸学院大)は準々決勝で徳光翔馬(大阪体育大)、準決勝は安藤新(大阪体育大)に勝利。前日の3回戦を含めると3試合連続で会場校の大阪体育大学勢を下して決勝に進出した。

準決勝が終了してから約40分後の13時50分、ここまで8ゲームスマッチを2試合戦ってきた中西と前川は炎天下の下、3セットマッチの決勝戦に臨む。

JTAランキング95位、サリュートテニス専門学院に所属する18歳の中西聖也。対するは関西学生春季テニストーナメントでベスト4、神戸学院大学3年生の前川隼。異なるバックグラウンドを持つ両者の対戦は、中西のサービスゲームから始まった。

試合序盤、中西が強烈なサービスとフォアの逆クロス、バックのダウンザラインで攻めたて2ゲーム連取。主導権を握るかと思われたが、前川は落ち着いてリターンを深く返球、中西の強打にリズムを合わせてラリーを展開してすぐさまブレークバックに成功。
第1セット、計4度のブレークに成功して6-3で先取する。

第2セット、前川が第2ゲームでサービスブレークし、3-0とリード。このまま試合の流れは一気に前川に傾くかと思われたが、中西が繋ぐプレーで前川のミスを誘い3-3と追いつく。
この後、互いにサービスキープし前川が5-4でリードすると第10ゲームで前川がこのセット2度目のブレークに成功し、試合開始から2時間ちょうどで優勝を手にした。

優勝インタビューで前川は「昨年(1日開催)と違い2日間で行われるので、もう少し体力的に楽かなと思ったがそんな事はなかった。スペインに行ってまだ持っていないATPポイントを獲得してもっと上のレベルを目指したい。」と語った。

roadtospainチャレンジカップ
スペイン行きを決めた前川隼

前川は9月下旬にスペインへ発ち、バルセロナ近郊にあるサバデル・テニスクラブで開催されるITFフューチャーズ大会(賞金総額1万ドル)へ主催者推薦枠で本戦に出場する。

【準々決勝の結果】
○中西聖也(サリュートテニス専門学院) vs. ●栗山拓也(柳川高) , 8-3
●保々皓祐(近畿大) vs. ○柿本陽輝(大阪体育大), 4-8
●本多優一(大阪体育大) vs. ○安藤新(大阪体育大), 2-8
●徳光翔馬(大阪体育大) vs. ○前川隼(神戸学院大), 6-8

roadtospainチャレンジカップ
8強入りの徳光と本多(大体大)

roadtospainチャレンジカップ
8強入りの保々(近畿大)と栗山(柳川)

【準決勝の結果】
○中西聖也(サリュートテニス専門学院) vs. ●柿本陽輝(大阪体育大), 8-3
●安藤新(大阪体育大) vs. ○前川隼(神戸学院大), 6-8

roadtospainチャレンジカップ
4強に大体大が2名、安藤と柿本

【決勝の結果】
●中西聖也(サリュートテニス専門学院) vs. ○前川隼(神戸学院大),3-6, 4-6

また19日には、参加費無料のジュニアクリニックを同会場で開催。
現役時代はデビスカップ日本代表としても活躍した大阪体育大学の宮地弘太郎監督と、大阪体育大学硬式テニス部部員が約50名の小学生・中学生を指導した。

roadtospainチャレンジカップ
ジュニアクリニックを開催

《チャレンジカップ特設サイト》

《サバデル・テニスクラブ公式サイト》


■関連記事■ 
・法政 村上が関東制しスペイン
・竹元、ATPポイント初獲得
・関西大学1年 竹元が優勝
・立教大学1年 高畠が栄冠掴む
(2015年7月20日11時50分)

その他のニュース

7月22日

崖っぷちから第5シード撃破 (16時59分)

第1シード 準々決勝で敗退 (15時31分)

フェレール 激闘制し4強へ (14時09分)

八百長疑惑 全仏など四大大会も (11時22分)

ベルダスコ 昨年覇者にリベンジ (10時51分)

20本エース決め快勝で4強 (9時07分)

ゴファン 世界412位に敗れる (8時04分)

7月21日

錦織、米に戻り練習開始 (21時06分)

元世界1位 ズベレフのコーチに (17時01分)

逆転勝ちでツアー初4強 (15時38分)

第1シード 世界140位に敗れる (13時38分)

30本のエース放つも4強ならず (11時46分)

錦織ら 全米本戦出場者発表 (11時00分)

番狂わせ モンフィス初戦敗退 (8時10分)

2本のMPしのぎ逆転勝利 (7時12分)

7月20日

錦織 NBAスターと対面 (21時43分)

快進撃 二宮真琴の素顔に迫る (20時51分)

二宮真琴 快進撃の裏側明かす (17時32分)

錦織出場の大会にトップ2選手 (15時40分)

錦織 イベントにサプライズ登場 (10時59分)

全仏悲劇から復帰し8強 (10時02分)

世界4位コンタが東レ初参戦 (9時01分)

途中棄権 全仏OPの怪我響く (8時02分)

7月19日

伊達公子 逆転許し初戦敗退 (21時31分)

錦織 東京五輪へ意気込み (20時59分)

錦織「恥ずかしいの一言。笑」 (16時55分)

全米OP 賞金が過去最高額へ (15時59分)

プロ転向12年で通算200勝達成 (13時32分)

錦織 全米へ「しっかり準備」 (12時20分)

世界1位マレー 2年連続出場 (9時20分)

LLのチャンス活かし初戦突破 (8時26分)

今井慎太郎 初戦突破ならず (7時15分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!