- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

再起誓うナダル 苦戦の1回戦

男子テニスツアーのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝)は11日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が元世界ランク8位のM・バグダティス(キプロス)を7-6 (7-5), 6-7 (4-7), 6-2のフルセットで下し、ベスト8進出を決めた。今大会の上位4シード選手は1回戦を免除されているため、ナダルは2回戦からの登場だった。

今季ナダルは不振と囁かれており、得意のクレーシーズンで結果を残せていない。出場したマスターズ大会ではまさかの無冠。6連覇と10度目のタイトル獲得を狙った全仏オープンでは準々決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)に完敗を喫した。

さらに大会後に発表された世界ランキングでは、2005年以来 約10年ぶりとなる2桁台の10位へ転落している。

ジョコビッチの敗戦後、ナダルは再起を誓っていた。

11日の2回戦、第1セットではファーストサービスが入った時のポイント獲得率を94パーセントとするバグダティスに苦戦するも、タイブレークの末に先取。

第2セットは落とすものの、第3セットではサービスの集中力を高めたナダルが、77パーセントの確率でファーストサービスを入れ、14本中12本をポイントに繋げて圧倒。そして2度のブレークに成功し、2時間40分で勝利を手にした。

準々決勝でナダルは、第5シードのB・トミック(オーストラリア)と対戦する。現在22歳のトミックは、2011年のウィンブルドンで予選からの出場で、本戦のベスト8まで進出。直線的なフラット系のショットを得意とするトミックは芝コートで危険な選手の1人。

一方、ナダルに敗れたバグダティスは現在の世界ランキングを63位とするも、2006年には8位を記録。グランドスラムでは2006年の全豪オープンでA・ロディック(アメリカ)I・リュビチッチ(クロアチア)D・ナルバンディアン(アルゼンチン)らを次々と破る快進撃で決勝へ。決勝ではR・フェデラー(スイス)に敗れ準優勝に終わるも、第1セットをとる善戦を見せた。

近年は怪我などにより思うような結果を残せておらず、下部大会のチャレンジャーにも出場している。


■関連ニュース■ 

・「ナダル伝説」終焉か
・ナダル「かなり傷ついた」
・ナダル 10年ぶりトップ5転落


■最新ニュース■ 

・錦織 悩みはラインの不具合
・錦織より下の世代が脅威
・ヒューイット 今季1勝5敗に
(2015年6月12日11時11分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!