- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達「かなり重く感じた」

女子テニスツアーのファミリー・サークル・カップ(アメリカ/チャールストン、クレー、賞金総額731,000ドル、優勝賞金124,000ドル)は7日、ダブルス1回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)/ O・サウチュック(ウクライナ)組が第2シードのR・コップス=ジョーンズ(アメリカ)/ A・スピアズ(アメリカ)組に4-6, 6-3, [4-10]で敗れ、準々決勝進出を逃した。

この試合、クルム伊達/ サウチュック組はファーストサービスが入った確率を74パーセントとし、コップス=ジョーンズ/ スピアズ組のサービスゲームを4度ブレークに成功するも、スーパータイブレークの末に敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

試合を終えてクルム伊達は自身の公式ブログに「10ポイントマッチタイブレイクで負け。惜しかった.....。でもやっぱりダブルスプレイヤーの相手は強かった。」

「湿度が高く、置いてあるバックやラケットバックもジメッとするくらい。ボールもかなり重く感じた。」と綴った。

クルム伊達は今大会のシングルス予選にも出場していたが、予選決勝でL・シーゲムント(ドイツ)に完敗し本戦出場を逃した。

《クルム伊達「前向きに捉える」》

勝利したコップス=ジョーンズ/ スピアズ組は、準々決勝でC・デラクア(オーストラリア)/ D・ジュラク(クロアチア)と対戦する。


■関連ニュース■ 

・クルム伊達「戦うレベルに程遠い」
・クルム伊達 涙の途中棄権
・敗退のクルム伊達 涙の会見


■最新ニュース■ 

・ヒンギス 17年ぶりフェド杯出場
・ダニエル 太郎 元9位破れず
・ティプ 単の復帰戦で勝利飾る


■最新動画■ 

・昨シーズンに躍進したヒラルド特集
・ツアー初優勝の34歳が最年長記録達成
(2015年4月8日16時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!