- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ドーピングで15年の出場停止

男子テニスのマスターズ大会のBNPパリバ・オープン男子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)で、18日に行われたシングルス4回戦でA・マンナリノ(フランス)を6-3, 6-3で下して準々決勝進出を決めた第4シードのA・マレー(英国)は、2度目のドーピング違反のため15年の出場停止処分が下されたW・オディスニク(アメリカ)に対して苦言を呈した。

これで事実上の引退となった29歳のオディスニクは、昨年12月と今年の1月に行われた検査でステロイドなどいくつかの違反薬物の陽性反応が出ていたと国際テニス連盟(ITF)が発表しており、1月30日付けで処分が決まった。この事で処分が明けるのは2030年1月29日となる。

オディスニクが最初にドーピング違反の処分が下されたのは2010年で、禁止薬物である成長ホルモンの所持が発覚した時だった。シーズン開幕へ向けてオーストラリア入りした時に空港で見つかったもので、そのため2010年4月から2011年8月まで公式戦への出場が禁止されていた。

オディスニクは所持はしていたが使用した事はないと主張し、実際検査でも陽性反応は出ていなかった。

ITFは当初、2年間の出場停止処分を下したが、前向きに検査官に協力したとして、約半分に減刑されていた。その時もマレーなど他の選手達は、オディスニクのドーピング検査官への態度に疑問を持つと後に非難していた。

「さようなら、ウェイン(オディスニク)。良い厄介払いができた。」とマレーは水曜日に自身のツイッターで呟いていた。

マレーは4回戦後の会見でオディスニクへの処分について問われると「最初の違反行為の時に、皆さんがどう信じようと、言われていた事は自分は全く信じてはいなかった。彼をツアーから排除するのはテニス界にとっても良い事。あんな事が男子ツアーの一部であっては欲しくないからね。」と答えていた。

そのマレーは、昨年12月の検査と今年の1月の検査の結果は別々に扱われるべきだとも語っていた。

「彼は明らかに自分に有利になるような物を摂取していたんだ。彼は今も昔もドーピングに関わりのある何人かの人間と繋がっていたんだ。そしてそんな連中が彼の周りにはたくさんいた。だから今回の処分も全く驚いてはいないよ。こうして今、彼がツアーからいなくなるのは良い事さ。」とマレーは思いの丈を伝えていた。

昨年の全米オープンでオディスニクは主催者推薦を受けて本戦に出場するも、準優勝を飾った錦織圭(日本)の前に初戦で姿を消していた。それはオディスニクにとって、最初に処分を下される数ヵ月前の2009年以来となる本戦でのプレーだった。

今シーズン、オディスニクは全豪オープンの予選2回戦で敗退していた。


■関連ニュース■ 

・オディスニクの出場停止期間が半分の1年に
・マレー「プロ意識に欠けている」
・トロイキがドーピング規定違反


■最新ニュース■ 

・錦織 初8強逃す
・フェデラー 5年連続ベスト8
・19歳キリオス 怪我で大会欠場


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月19日12時36分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月17日

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

【告知】土居vsムラデノビッチ (12時18分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

9月14日

錦織らトップ10が勢揃い (20時45分)

東レ予選1回戦、日本勢結果 (19時02分)

22年ぶり 決勝で日本人対決 (18時23分)

大坂「チャンス与えたい」 (17時42分)

大坂ら 東レ組み合わせ発表 (16時35分)

ダニエル太郎 4強入りならず (13時37分)

大坂 東レ会場で練習 (12時38分)

杉田、内山が4強入り (11時43分)

ヒューイットが寄付呼びかけ (10時14分)

土居、日比野が準決勝に登場 (8時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!