- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ「もっと良くなれる」

女子テニスのBNPパリバ・オープン女子(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)に第1シードでエントリーしているS・ウィリアムズ(アメリカ)は、今年の出場は2001年に優勝して以来の出場となるが、暖かい歓迎のムードに包まれている。

2001年、当時19歳だったセリーナは準決勝で実の姉であるV・ウィリアムズ(アメリカ)と対戦するはずだったが、試合開始わずか20分前にヴィーナスが怪我を理由に棄権しブーイングを受け、翌日の決勝戦でも更なるブーイングを浴びさせられ、それ以降大会出場をボイコットしていた。

今大会シード選手全員が1回戦を免除されているため、セリーナも2回戦が初戦となる。その2回戦でセリーナは、M・ニクルスク(ルーマニア)と金曜日のナイトマッチで対戦する。

「センターコートに立つのを楽しみにしているし、自分や家族割が傷つけられようと、どんな場面に直面しても強い自分でいながら“それでもそこに立って、それを乗り越えて出来る限り最高な人間でい続けるのよ ”って言いながら、どんな事があっても問題ないんだと全世界に分からせる事も楽しみにしているの。」とセリーナは、木曜日に行われた会見で語っていた。

セリーナはこれまで今大会には3回出場し2度の優勝を飾り、14勝1敗の成績を残している。

セリーナが出場していなかった間も成長し続けていたこの大会だったが、彼女の復帰は大会関係者からも歓迎された。今大会は約2週間に渡って行われ45万人が訪れると言うグランドスラムに次ぐ観客動員数を誇る大会の1つとなっている。

セリーナのスポンサーであるナイキは、金曜日のロサンゼルス・タイムズのスポーツ部門の裏表紙にフルカラーの広告を載せている。その広告はセリーナが彼女独特のネイルアートを施した手でトスを上げているものだった。

そしてそこには「19歳の時、人生で一番辛いサービスを打たなければならなかった。どうやって対処して良いのか分からないサービスを。時間しか解決してくれないと思った物だった。18回のグランドスラム優勝なんて簡単に忘れ去ってしまうようなもの。でもやっと分かったの。実際にそのサービスを受けなければ、そのサービスをリターンする事が出来ないって」と書かれていた。

セリーナの親友の一人であるC・ウォズニアキ(デンマーク)は、彼女が今大会に帰ってきた事を喜んでいる選手の一人でもあった。

「彼女(セリーナ)にとって大きなステップ。そして彼女はそれをしっかりやり遂げてくれるのは私も分かっているわ。」とウォズニアキはセリーナの復帰に対してコメントしていた。

実の姉であるヴィーナスは今年も出場を予定していない。それでもヴィーナスや家族もセリーナの決断を支持している。2001年大会の準決勝では、姉妹対決を観客は大いに期待しどちらに軍配が上がるかに注目が集まっていたが、ヴィーナスの棄権を受け、父親であるリチャード氏は観客から人種差別的な罵声を耳にしたと語っていた。

現在33歳となったセリーナは、二度と戻らないと決めた大会への復帰はそれが特別な理由の1つではないと語る。

彼女の決断は「Equal Justice Initiative」と言う組織の知名度を上げる事も理由の1つになっていた。それは非営利組織で、正当な扱いを受けられずにいる貧困層の人達への法的代理人となる役割を果たす組織である。

「本当に良いタイミングだと思ったの。自分にだけではなく一般のアメリカ人に取っても。アメリカ人としてもっと良く出来るんだって言える場を持つ機会として。我々はもっと良くなれるし、我々はもっと良い人間なんだって。」 とセリーナは自身の思いを力説していた。


■関連ニュース■ 
・セリーナ「全てを水に流す」
・優勝のセリーナ「誇りに感じる」
・セリーナ「失うものは何もない」


■最新ニュース■ 
・フィッシュ 復帰勝利ならず
・錦織のマスターズ初戦生中継
・地元期待21歳 第13シード撃破


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年3月14日14時21分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!