- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

EPS 初優勝に向け3年連続4強

日本テニスで全国実業団の頂点を決める、第29回テニス日本リーグ決勝トーナメントが13日(女子は14日)から15日まで東京体育館で行われている。

13日は男子準々決勝2試合が行われ、2年連続準優勝のEPS(エキスパート・パワー・シズオカ)がノア・インドアステージを2-1で下し準決勝進出を決めた。

○EPS vs
●ノア・インドアステージ 2-1

菊池玄吾(日本) vs
吉備雄也(日本) 6-1, 6-3

權伍喜(韓国) vs
大西賢(日本) 6-4, 1-6, 6-4

長尾克己(日本)/ 奥大賢(日本)組 vs
華谷宗(日本)/ 加藤乃己(日本)組 6-3, 7-6 (7-1)

菊池玄吾と吉備雄也のシングルス1では、吉備雄也の安定感のあるテニスを前に終始、菊池玄吾はミスを強いられる。


勝利した吉備雄也

菊池玄吾は終盤でさらに速い展開の持ち込もうとしたが、崩れることはなくストレートで敗れた。


敗れた菊池玄吾

シングルス1の後に行われたダブルスでは長尾克己/ 奥大賢組の一方的な展開で試合が進む。第2セットも5-2、マッチポイントを2度訪れるが、華谷宗/ 加藤乃己組が第8ゲームをキープするとそこから4ゲーム連取する。

第12ゲーム、15-40とピンチを迎えた長尾克己/ 奥大賢組がI・フォーメーションを起用し、ここをキープしタイブレークに突入すると1ポイント目でミニブレークに成功する。


華谷宗/ 加藤乃己組

再び流れは長尾克己/ 奥大賢組に訪れると、最後は長尾克己がバックハンドのリターンエースをクロスに決め勝利した。


長尾克己/ 奥大賢組

勝敗を分けたシングルス2では、權伍喜と大西賢の熱戦が繰り広げられる。

第1セットを先取した權伍喜は第2セット、大西賢の攻撃的なテニスを前にミスが目立ち、追いつかれる。

ファイナルセットでは權伍喜が3ゲーム連取をする。大西賢が第3ゲームを終えて右手首のマッサージを受けその後の試合に臨む。直後にブレークを許すが、その後はサービスキープを続け權伍喜が長期戦を制し準決勝進出を決めた。


敗れた大西賢


長期戦をものにした權伍喜

權伍喜も試合終盤に肩のマッサージを受け、両者共にタフな対戦になっていた。

勝利したEPSは準決勝で三菱電機と対戦する。


日清ひよこちゃんバッグをプレゼント!



■関連ニュース■ 
・強豪イカイ 2勝目一番乗り
・ノア、九州電力、伊予銀行が1勝
・田中 真梨 「日本リーグ優勝が目標」


■最新ニュース■ 
・メンフィス・オープン ドロー表
・錦織 準々決勝は第5試合
・マレー 6年ぶりVに向け8強


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】

(2015年2月13日23時31分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!