- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬 今季初の優勝ならず

男子テニスの下部大会である香港ATPチャレンジャー(中国/ 香港、ハード、賞金総額5万ドル/優勝賞金7千2百ドル)は1日、シングルス決勝が行われ、第2シードの伊藤竜馬(日本)K・エドモンド(英国)に1-6, 2-6のストレートで敗れ、下部大会で今季初のタイトル獲得とはならなかった。

この試合、伊藤竜馬は第4ゲームでダブルフォルトを犯し、バックハンドストロークをネットにかけてこの試合初めてのブレークを許す。エドモンドの角度あるストロークに圧倒された伊藤竜馬は、その後第6ゲームでもブレークを許し、第1セットをゲームカウント1−6で落とす。

第2セットでは、第6・第8ゲームで伊藤竜馬にブレークチャンスが訪れていたが、それをしのがれてエドモンドの勢いあるプレーを止めることが出来ず、最後はボレーを決められてストレートで敗れることとなった。

今大会で伊藤竜馬は、決勝まですべてストレートで勝利して勝ち進んだが、決勝で20歳のエドモンドにストレートで敗れることとなった。

伊藤竜馬は、現在オーストラリアのメルボルンで行われている全豪オープンにストレートインで本戦に出場していたが、1回戦でM・クリザン(スロバキア)に敗れて2回戦進出を逃した。

《全豪オープン1回戦の記事はこちら》

昨シーズンで伊藤竜馬は、チャレンジャー大会で5度決勝に進むも、いずれも敗れて準優勝に終わっていた。

今回準優勝に終わった伊藤竜馬は、2日から始まる南フランス・オープンに出場する予定で、1回戦の相手は予選勝者となっている。

《伊藤 モンフィスと対戦なるか》

また、今大会に出場していた日本勢では、西岡良仁(日本)がベスト4、予選勝者の松井俊英(日本)が2回戦進出、第6シードの杉田祐一(日本)と第8シードの守屋宏紀(日本)は1回戦敗退となった。


■関連ニュース■ 

・西岡、伊藤 決勝で対戦なるか
・伊藤がリベンジ成功 決勝進出
・西岡良仁と伊藤竜馬が8強


■最新ニュース■ 

・マレー「大きな番狂わせだろう」
・34歳ヒンギス GS9年ぶり優勝
・ジョコビッチとマレーが激突


■最新動画■ 

・錦織 圭vsフェレール【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月1日15時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!