- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラーチーム リベンジ成功

オフシーズンにアジアで初めて開催されるエキシビションであるインターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(IPTL)は6日、先日まで行われていたシンガポールから会場をインドのニューデリーに移し、3対戦目が行われた。

インドのニューデリー1日目は、R・フェデラー(スイス)G・モンフィス(フランス)A・イバノビッチ(セルビア)擁するインディアン・エースズとA・マレー(英国)M・シャラポワ(ロシア)M・フィリプーシス(オーストラリア)を擁するマニラ・マーヴェリックスが対戦した。

インディアン・エースズ対マニラ・マーヴェリックスの対戦結果は以下の通り。

○インディアン・エースズ vs.
●マニラ・マーヴェリックス 26-25

1.●R・ボパンナ(インド)/ S・ミルザ(インド)組 vs
  ○D・ネスター(カナダ)/ K・フリッペンス(ベルギー)組 5-6

2.●C・ピオリーヌ(フランス) vs
  ○M・フィリプーシス 4-6

3.○R・ボパンナ/ G・モンフィス組 vs
  ●TH・フェイ(フィリピン)/ JW・ツォンガ(フランス)組 6-5

4.●G・モンフィス vs
  ○JW・ツォンガ 4-6

5.○A・イバノビッチ vs
  ●K・フリッペンス 6-2

5試合終了時点で、獲得ゲーム数が両チーム同じだったため、5分間のシュートアウト方式(延長戦)が起用され、現在2連敗していたインディアン・エースズチームが延長戦をものにした。

先日まで行われていたシンガポールでの対戦でインディアン・エースズはマニラ・マーヴェリックスに敗れていたが、今回は延長戦の末にリベンジに成功した。

試合形式は男女シングルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、男子レジェンドシングルスの5試合を6ゲーム先取の1セットマッチで行い、5試合の獲得ゲーム数が多いチームの勝利となる。

試合に勝利したチームは4ポイントを獲得し、敗れたチームは試合の獲得ゲーム数が20ゲーム以上なら2ポイント、10ゲーム以上なら1ポイント、10ゲーム未満なら0ポイント獲得となり、4節を終え獲得ポイントが最も高いチームが優勝となる。

ルールはノーアドバンテージ、ゲームカウント5-5の場合はタイブレークでは無く、5分間のシュートアウト方式(延長戦)を採用し、5分後に多くポイントを獲得している選手の勝利となる。

また、パワーポイントというシステムが導入され、試合中にリターン側が宣言して行うものもので、次のポイントが2倍になるもの。各試合で1度使う事ができる。また試合中にタイムを要求する事もできる。


■関連記事■ 
・フェデラー初登場 3試合出場
・フェデラーチームが2連敗
・全米覇者チリッチ 単で初勝利
・ベルディヒがチームに貢献
・元王者アガシ リベンジならず


■関連動画■ 
・インドアで圧倒的強さを誇るジョコビッチが新たな偉業達成!
・ブライアン兄弟を追随するダブルスのスペシャリストを特集!
(2014年12月7日12時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!