- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝慎吾 2年ぶり7度目V

男子車いすテニスのNEC全日本選抜車いすテニス選手権大会(千葉県/柏市、ハード)が14日から16日にかけて行われ、16日のシングルス決勝では、国枝慎吾(日本)が眞田卓(日本)を6-3, 6-3のストレートで下し、優勝を果たした。

国枝慎吾は予選ラウンドロビンで藤本佳伸(日本)を6-1, 6-0、鈴木康平(日本)を6-0, 6-0、柴山善邦(日本)を6-0, 6-0のストレートで圧倒し準決勝進出を決めた。

準決勝では齋田悟司(日本)を6-1, 6-2で下し、決勝に勝ち進んだ。

今大会は予選ラウンドロビン(総当たり戦)を2グループ各4選手で行い、上位2選手が準決勝に進むことができる。

国枝慎吾は同大会2年ぶり、7度目の優勝となる。

国枝慎吾は今年の全豪オープンで単複優勝、全仏オープンではダブルスで敗れるもシングルス優勝、ウィンブルドンはダブルス優勝(ウィンブルドンはダブルスのみ開催)、全米オープン単複優勝と、4大会全大会で優勝、単複で6度の栄冠に輝いた。さらに10月に行われたアジアパラ競技大会では単複金メダルを獲得している。

また、 クァードシングルスでは川野将太(日本)が1回戦で諸石光照(日本)、決勝で平田眞一(日本)をいずれもストレートで下し、2年連続4度目の優勝を果たしている。

※クァード…クァードは四肢麻痺(quadriplegia)の略で重度の障害をもつ選手が出場するクラス。


■関連記事■ 
・国枝慎吾 アジパラ2冠達成
・国枝慎吾 全米単複優勝 GS6冠
・国枝慎吾 全英2連覇達成
・国枝慎吾「大きな助けになった」
・国枝慎吾が単複2連覇達成


■関連動画■ 
・引退した元世界3位ダビデンコ
・最終戦出場が懸かった大一番
(2014年11月18日16時22分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!